宇宙兄弟 / Space Brothers

syotostarさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
宇宙兄弟 / Space Brothers
10

宇宙兄弟が一番だと思うわけ。

この作品は今まで読んできた中で一番オススメです。あまり他人に「オススメだよ」とか、「読むべきですよ」とかは言わない主義なんですが、これに関しては控えめに言って、「読んで損なし」と書いておきます。
物語の舞台は、今からちょっと先の未来。上司とのいざこざで会社をクビになった南波ムッタを中心に回っていくお話です。
作品の魅力は正直多すぎて語り切れません。ただ、その中からいくつか抜粋して紹介すると。
まず1点目は、最も身近で、最も遠い宇宙について細部まで表現され、学ぶことが出来る、と言うところでしょうか。
読めば、宇宙というのはここまで広いんだなあ、ということが今まで以上に感じられると思います。
人は月に行く時、どんな表情をするのでしょうか。一緒に行ったメンバーとどういった時間を共有するのでしょうか。そして、宇宙から帰ってきたとき、どんな人に会いたがるのでしょうか。宇宙を題材としつつ、その裏では人と人のつながりにフォーカスを当てたのが、この漫画です。
2点目としては、頑張ろうと思える点が魅力的でした。
宇宙は半端な努力ではいけません。専門知識も必要ですし、当たり前のように英語も話せないといけません。また能力だけでなく、人としても成熟していないとだめです。和を乱す人は宇宙船には乗れないからです。幾多の課題をクリアするうえで、四苦八苦しながら壁を超えていく南波ムッタやその他のキャラクターに対し、共感を覚えることが出来ます。そして、「がんばろう」と思えるのです。
そして最後に3点目は、身近な人を大事にしようと思える作品であるという点です。
作中においては、宇宙に挑戦してなくなる人もいれば、突然起きた病によって病床に伏す人もいます。
人はいつ亡くなるか分からない、それを克明に描いてる作品ですね。
この世からいなくなった人に対して、どういった風にして受け止めればいいのか、そしていかにして立ち上がり前に進んでいけば良いのか、それを漫画というカテゴリの中で教えてくれている感じがしました。

3点ほど語りましたが、これだけでは語り切れないほどの魅力を持っている作品です。正直、人生の教科書になりうる一品だと思います。ということで、ぜひ一度熟読することをお勧めします。