帝一の國 / Teiichi: Battle of Supreme High

uh-roncha19さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
帝一の國 / Teiichi: Battle of Supreme High
9

最初どんな映画なのか全く想像できなかったが

タイトルを見た時になんとなく元ネタが漫画なのはわかったが、どんな映画なのか想像できなかった。お気楽そうな映画が観たくてなんとなしに見始めると、気がついたら引き込まれていた。
菅田将暉演じる帝一のキャラのアクが強すぎて「ただの危ないやつ?」と思ったが実はなんだかいいやつで、それを支える人たちもなんかいい人…。ライバルさえも「実はいいやつなんじゃないか」とすら思えてくる。帝一のお父さんがはめられて捕まった時に見せた帝一の本音の叫びには思わずほろりとしてしまった。
間宮祥太朗演じる氷室ローランドと千葉雄大演じる森園億人との対戦での、どちらにつくかの戦いも、とても面白かった。氷室ローランドの、自信に満ち溢れていたがあるところからそれが急降下していく様も人間らしくて飽きさせない。
千葉雄大はほんわか、なよなよしたイメージだったが今回の知的な役は結構はまっていたような気がする。そして最後の民主主義にのっとった選挙のラスト。邦画はあまり観ない方だがそのラストの展開に思わず笑ってしまった。おかしくて笑ったのではなく、「楽しくてワクワクして」笑った。そうきたか!の連続で最後の最後まで面白かった。そして最後の帝一のセリフには考えさせられて背筋がひやっとした。みんな選挙に行こうね、と強く思って終わった。楽しいしかっこいいし勉強になりました。久々にいい映画観たと思いました。