MISIA

sn__g_さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
MISIA
8

音楽のみならず社会問題にも真剣に取り組んでいます

1998年に「つつみ込むように」でデビューし、邦楽R&Bブームの先駆けとなったアーティストです。
デビュー20周年を迎えた2018年にドラマ主題歌の「アイノカタチ」が大ヒットして、紅白歌合戦に出演したことで人気が再燃しました。
主なヒット曲は「everything」や「逢いたくていま」などですが、バラード曲の他には2017年からは「ソウルジャズライブ」を開催しているように、ジャンルにとらわれない音楽表現をしています。
「ソウルジャズライブ」の他には、ホールでの生演奏に拘った「星空のライブ」と、キャンドルのあかりとともに野外会場でバラードを楽しむ「MISIA candle night live」が主なライブですが、2019年4月にはMISIAの様々なジャンルの総集編のようなライブである「MISIA平成武道館」が開催されました。
音楽活動のみならず、LGBTやアフリカ支援にも真剣に取り組んでおります。
第7回アフリカ開発会議名誉大使としてチャリティコンサートの開催と、アフリカをテーマにした絵本「ハートのレオナ」の出版で、収益の一部をアフリカと日本の子どもたちの支援に利用されています。
LGBTの支援としては台湾と東京のレインボープライドパレードにゲストとして参加する他、NHKで放送されている「MISIA星空のラジオ」で、LGBTやアフリカについての話題を取り上げています。