3月のライオン / March Comes in Like a Lion

dywbt45さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
3月のライオン / March Comes in Like a Lion
9

魅せる対局シーンの演出が熱い!

将棋のプロ棋士である主人公とその周りの人々との暖かい人間模様を描いた作品なのですが、一番の魅力はなんといっても対局シーンです。将棋の対局といえばテレビでよく見るのは将棋盤を上から見た映像で、棋士二人が静かに駒を動かし、そこに解説が入るというもの。本物の映像としてもかなり地味なものです。
しかしこの作品ではその対局シーンの中に登場人物たちの生い立ちや現在の状況、仲間たちの想いなどがからみ、対局中のキャラクターの心の中が映し出されます。そしてそれは片方のキャラクターだけではなく、対局している双方のキャラクターで描かれるのです。そう、これはもはや棋士と棋士との対局ではなく人間と人間との魂のぶつかり合いなのです。
しかし、かといって対局している棋士同士が空想の中で武器を持って戦うといった安易な表現はしません。対局自体は将棋盤の上でキャラクターたちが駒を打つシーンで描かれてます。描かれるのはそれぞれのキャラクターの心の中だけです。だからこそキャラクターの打つ一手一手がとても人間味があって熱いものとなるのです。ただ駒を持って打つ。それに解説が入る。これだけのシーンをこれほどまでも熱く表現・演出できるのかと驚きます。
将棋のルールが全く解らない方でも問題なく楽しむことができます。応援したくなるような魅力的なキャラクターたちが信念を懸けてぶつかり合う。その媒体がこの作品では将棋であっただけなのです。