テキサスSWAT

shikaskyさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
テキサスSWAT
10

チャック・ノリスの暑苦しさ全開!「テキサスSWAT」

ブルース・リー監督・主演作「ドラゴンへの道」での悪役を経て、本格的にアクション俳優として歩み始めたチャック・ノリスがもっとも脂の乗っていた80年代半ばに主演したハード・アクション。
テキサスの荒野をバックにテキサスレンジャー(国境警備隊)に扮した髭面のノリスが出てきて、いきなりギャングどもを撃ち殺すシーンから暑苦しさに拍車がかかり一気に最後まで引っ張ってくれる。
内容は米軍の兵器を強奪しては世界中のテロリストに売りさばく犯罪組織のボスにして空手の達人(デビッド・キャラダイン)に戦いを挑むノリスの活躍を描いた他愛無いモノではあるが、一切の無駄を廃し、アクションに徹したまま最後まで突っ走った監督スティーブ・カーバーの力量も確かで、このあたりはカーバーの師匠ともいえるハリウッドの名物プロデューサー、ロジャー・コーマンの教え「観客を一瞬たりとも退屈させてはいけない」を見事に体現していて好感が持てる。
またクライマックスでは散々銃撃戦でド派手に暴れた後、空手の達人同士が”素手で決着を付ける”という、溢れんばかりの香港映画イズムに満ちている所はケチの付けようがないほど素晴らしく、佳作揃いのノリス主演作の中でも一際人気作なのも頷ける。