彼方のアストラ / Astra Lost in Space

AYAKAさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
彼方のアストラ / Astra Lost in Space
7

楽しい宇宙ライフと思いきや

「SKET DANCE(以下スケダン)」の篠原健太先生がスケダンと同じく週刊少年ジャンプで連載、アニメ化もされた作品です。「新星」を意味する「アストラ」という作品名や、主人公とヒロインが宇宙服を着ているキービジュアルからはスケダンのように楽しい宇宙ライフかと思っていたのですが、作品を見てみると前作とは打って変わっての壮大なSFストーリー、しかも少年少女達は初めて突入した宇宙で外部と連絡が取れなくなり、通信を切断した犯人も同乗している疑いがある。そして自分たちも全員事故に見せかけて殺される可能性がある…?というシリアス要素を多分に含んだ作品となっています。篠原先生はこのような作品を書くこともできるのかと驚かされました。ツイッターを利用していらっしゃる漫画家さんでもありますので、気になる方はSNSからのぞいてみるのもおすすめです。
とはいえ、スケダン時代のようなスピード感のあるツッコミ、オトボケながらも熱血なところのある主人公、機会音声で喋るキャラクターなどの懐かしい要素も満載です。集められたメンバー達が次第に団結していくストーリー展開もとても読み応えがあり、SFが苦手という人にもおすすめです。