鬼滅の刃 / Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba

kh19940824さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
鬼滅の刃 / Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba
8

吾峠呼世晴 初連載!鬼滅の刃の魅力

週刊少年ジャンプで連載開始当初、多くの読者が早期打ち切りを予想した「鬼滅の刃」をご存知ですか?
読者の予想を裏切り、人気作が多いジャンプの中でもトップクラスの人気を誇る作品へと成長した「鬼滅の刃」の魅力をご紹介します。

人を喰う鬼がいる大正時代の日本で、炭を売って家計を支えていた主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が鬼に家族を惨殺されるところから物語は始まります。襲われた家族の中で、唯一生き残ったが鬼化していた妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために炭治郎は鬼を殺す部隊・鬼殺隊に入隊し、個性的な仲間と共に凶悪な鬼と戦っていく、というストーリーです。

魅力1.どこまでも純粋な炭治郎
明るく元気で前向きな主人公が描かれた漫画は多いですが、炭治郎はその中でも群を抜いた純粋さの持ち主です。どんなに罵倒してきた相手にも、どんなに凶悪な鬼に対しても優しさを向けることができる炭治郎。作中で多くの人間を殺してきた鬼が死ぬ間際、自分と禰豆子を傷つけた鬼相手にも優しい言葉をかけるシーンは必見です。

魅力2.鬼たちの切ない背景
敵となる鬼は元々は人間です。鬼の原種であり炭治郎の家族の仇・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の血を注ぎ込まれて鬼化し、多くの人を喰らい強くなることを目的として行動するように思考を支配されます。
人間だった頃の回想シーンでは父親の自殺や、同じ人間に家族を殺されてしまうなど切ない場面が多く、敵である鬼の過去にも触れることができるようになっています。

魅力3.個性的なキャラクターたち
鬼殺隊の仲間であり、普段は臆病で情けないが気絶したときに本当の強さを発揮して戦う善逸、上半身裸でイノシシの毛皮を被り、好戦的な性格の伊之助など、見た目も中身も個性的なキャラクターが多く登場します。登場人物の個性がぶつかり合うシュールなやりとりも人気の理由の一つです。

大人気漫画の鬼滅の刃ですが、絵が苦手という方もいるようです。もちろん好みが分かれるところではありますが、ストーリー・登場人物・随所にちりばめられた思わずにやっとしてしまうセリフ等、魅力が溢れる非常にレベルの高い作品です。
新刊が売り切れてしまう書店もあるくらい人気の作品なので、ぜひ一度読んでみてください。