ONE OK ROCK

liverock-renoteさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ONE OK ROCK
9

世界で挑戦し続けるロックバンド

ONE OK ROCKという4人組のバンドをご存知だろうか。
初めて彼らの音楽が世間に売り出された時、その音は典型的なジャパニーズロックだった。
まだ10代の青臭さや脆さが明確に歌詞に表れていて、それが激しい曲調やキャッチーなメロディーに乗って響くことによって、同世代の若者たちの心を掴んだのだ。
彼らは技術もそこまで高くなかった中、自分たちで曲を作り上げ、初めこそ日本に留まり活動していたが、
世界へ出る、という一見無謀にも思える夢に向かってすぐに歩き出した。
メジャーデビューしてからあっという間にアメリカへ渡り、海外のプロデューサーたちと組み、彼らの音楽はずっと幅広く、深いものへと変化していった。

しかし何が一番他のバンドと違うのかと言えば、日本人でありながら、日本の音楽番組などに一切登場しないことではないだろうか。
大抵の歌手たちは新曲が出ると、そのプロモーションも兼ねて番組へ出演し、日本中のお茶の間に歌を届ける。
それによって興味を持ち、新しくファンになる人もいるだろう。
だが彼らはそれをしない。何故なのか。
それは生の音楽を、画面越しではなく、直接観客へ届けたいという思いを大切にしているから。
勿論CDのように、録音し編集し、完成された音楽がある。
ところが彼らのLIVEへ行くと、先のCDが完成された音楽、と思うこと自体、間違いであったとすぐに気付かされる。
LIVEアレンジなどという生易しい言葉では表現できないほど、まるで別物なのだ。
音楽自体が彼らと共に成長しているかのような錯覚に陥るほど。
ポップな曲調だったそれが、予想もしなかったロックな曲調に変わっている。
そういうパターンもあったのかといつも会場で観客をワクワクさせる。
そしてそれは日本だけではなく、世界でも同じこと。
バス一つで世界中を回り、知名度が上がってからも小さなライブハウスで音を奏でる。
さらに上のステージに来た自分たちを見てくれと言わんばかりに、そのパフォーマンスは常に全力で、年々向上する技術もあいまって留まることを知らない。

一貫して軸がぶれず、努力を怠らず、成長し、挑戦し続けていくロックバンド。
無謀かと思えたその夢を彼らは手に取り、そして尚もまだ上を見続けている。
ただ日本においてももう少し活躍している場を見たいと思うのも正直なところではある。
それが今回評価-1に繋がる唯一のポイントだ。