ONE OK ROCK

ONE OK ROCKのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ONE OK ROCK
10

とにかくかっこいい

結成して10年以上のバンドでCMや映画の主題歌などにも起用されています。出すCDは毎回、ONE OK ROCKが進化していて、その度にどんなことを考えて、何がしたくてこのようなCDにしたのかを考えてはっきり人に伝えて訴えることができるところもかっこよくて、人としても尊敬できます。どこを目指しているのか、目標ややりたいことがはっきりしていて、そこにまっすぐ向かっているところが応援したくなるし、元気がもらえます。ライブも毎回全力で、今まで他の人がやったことがないようなことにも挑戦しているのを見ているのも体験するのもとても楽しく、ファンを飽きさせません。次はどんなことをしてくれるんだろうとワクワクさせてくれます。メンバー同士の仲がいいところも魅力のひとつで他人から見てもメンバー同士が尊敬しあっていること、信頼していることがよくわかり、楽しさが伝わってきます。海外での活動が多くなってきているのですが、日本のファンもちゃんと大切にしていてくれているのがわかります。日本、海外ともにとても人気ですが偉そうにするわけでもなく、人との出会いやつながりを大切にしているところもいいところで、人気の一つだと思います。

ONE OK ROCK
10

いまや世界のバンド「ONE OK ROCK」

「ONE OK ROCK」とは、ボーカルTaka、ギターToru、ベースRyota、ドラムTomoyaの四人で構成されたバンドです。彼らの歴史は「keep it real]
から始まりました。この曲は若者の主張を鋭く歌い上げたもので、初めて聞いたとき鳥肌がたったのを覚えています。彼らの最初のほうのアルバムはこういった尖った曲が多いです。だんだんと人気が出てくるとともに、海外へ向けた曲が増え、そして海外でも多くのライブを行い認められるようになってきています。特に人気のある曲は、「完全感覚Dreamer」、「Wherever you are」、「The beginning」です。この人気の要因は、ボーカルTakaの天才さが大きく関係しています。男性にしては高い声、そして長いロングトーンをこなす驚異の肺活量。歌唱力で右に出るものはいないと思わせます。CMで「ONE OK ROCK」の曲が使用されてからというものの、彼らに惚れた多くの人が新たにファンになり、そしてライブのチケットはいまやほとんどとれない超人気バンドとなってしいました。彼らの成長はいつまで続くのだろうか。ぜひいろいろな曲を聴いて「ONE OK ROCK」の魅力を感じてほしいとおもいます。

ONE OK ROCK
10

生きる力をもらえる

森進一さんと森昌子さんの長男であるTAKAがボーカルを務めるロックバンド。なんと言っても、このボーカルTAKAの歌声が素晴らしい!!透き通るような声で歌うバラード、ガラガラ声で叫び歌うヘビメタ調の曲、激しく走り回りながらジャンプしながらでも音程を外さず歌い上げるロック、などなど、本当に素晴らしいです!!

若い世代の人達にも人気があるようですが、40代の人達にも大変人気のようです。軽い気持ちで一曲聴いてみると、その瞬間から一気にワンオクの世界に魅了されるはずです。
気分が落ち込んで自己嫌悪になった時に聴くと、悩んでいるのは自分だけじゃないんだと思えるし、気分が良い幸せな時に聴くと、より一層幸せの厚みが増す気分になります。少し力が欲しいなあという時に聴くと勇気を頂けます。

メンバー4人のキャラクターのバランスや仲の良さが演奏中の4人の表情に出ていて、それだけ見ていても本当に癒されます。10代の頃にアイドルにハマった時のように40代になった今、どハマりしてしまっています。そして、本格的な英語の歌もネイティブのようにしっかり歌い上げるので、海外のファンもとても多いです。ライブのチケットを取るのがとても難しい事でも有名なバンドです。

ONE OK ROCK
10

僕にとって欠かせないバンド

僕は大学生になって友達の紹介により ONE OK ROCK(ワンオクロック)というバンドの存在を知りました。今となって感じることはもっと早く知りたかった。
それまで自分自身ロックというものをあまり聞いていませんでしたが、このONE OK ROCK の曲を初めて聞いたときにボーカルのtakaの圧倒的な歌声に引き込まれ、そこからハマってしまいました。
初めてONE OK ROCKのライブに行ったとき、本当に楽しく喉が枯れるほど叫んだのを今でも覚えています。彼らのライブはCD音源を超えます。断言します。
ライブの演出もそうですが、彼らのライブはただただカッコいいんです…。

また歌だけではなく、目標に向かって真っすぐに突き進む彼らの姿であったり、厳しい音楽の世界で戦ってきたからこそ言うことができる重みのある言葉を、時にライブ中にファンに投げかけてくれたりします。その言葉を聞いて僕も夢に向かって頑張ろうと勇気をもらいました。彼らは音楽以外の部分もカッコいいんです。

彼らがこれからのロックバンドを引っ張っていってくれる存在であることに間違いありません。ONE OK ROCK は最高のバンドです。今の僕にとって欠かせないバンドです。
ぜひ1回は聞いてみることをお勧めします。

ONE OK ROCK
10

ROCK好きにもPOP好きにも万人ウケする日本初ROCKバンド

ONE OK ROCK、通称ワンオクは2005年にデビューした4人組ロックバンドです。彼らの音楽ジャンルはロック、ラウドロック、オルタナティブ・ロック、ミクスチャー・ロックとロックを中心としています。私は10年前からワンオクファンですが、2009年まではもう一人メンバーがいたのですが、彼はメインギターでしたしギターテクも高かったので、バンドテイストな曲が多かった印象があります。現ギター担当のToruはギターがあまり上手ではないと音楽界隈では有名ですが、そんな彼も抜けたメインギターの穴を埋めるために日夜ギターの練習に励んでいるので、最新のアルバムになるにつれて明らかにギターが上手くなっていくのがわかります(笑)
他にもワンオクの特徴として、ボーカルTakaの圧倒的な声の美しさとハイトーンボイス、流暢な英語の発音、スター性を感じさせる整った顔立ちがあります。Takaは歌手の森進一と森昌子の息子であることは有名ですが、2人の遺伝子を受け継いでいるのでしょう、とにかく歌が上手いです。彼は高校時代の数年間をニューヨークで過ごしただけなのにとても綺麗な英語を話すので、現在世界中をツアーで巡っているワンオクは外国人からも容易に受け入れられています。
ここ数年は海外進出とともに当初のワンオクにはなかった、ミクスチャー・ロックに手を出している印象なので、よりロックに詳しくない人でもハマりやすい曲調になったのではないでしょうか。

ONE OK ROCK
10

ROCK BAND 日本代表!!『ONE OK ROCK』

『俺たちはROCK BANDだから』Vocal.Takaがよく口にする言葉だ。Takaといえば演歌歌手の森進一・森昌子を両親に持つサラブレッドとして有名だが、歌手として最高峰のそのDNAは見事にROCKとマッチングした。
そんな圧倒的な歌唱力を持つVocal.Takaと、クールな中に熱さを響かせるGuitar.Toru、オリジナリティー溢れるパフォーマンスが最高のBass.Ryota、繊細且つパワフルにそして何より正確に時を刻むDrum.Tomo、この4人からなるのが今、世間、いや、世界を騒がせているワンオクこと『ONE OK ROCK』だ。
彼らのサウンドを一言で言えば『アツい』に限る。その支持層もかなり幅広い。
10代や20代には自分を信じて突き進め!と導き、30代や40代には今からでも遅くは無い!と投げ掛ける。50代以上にはやり残したことは無いか?と更に問い掛ける。
アツいサウンドに乗ったアツい歌詞を聞いていると、頭で考えるより先に魂が反応して『自分の人生に悔いはないか?』と誰もが問いかけずにはいられなくなるだろう。
彼らもきっと自分自身にそれを問いかけ、悔いのないように走り続け努力した結果、今の自分たちを手に入れたのだろう。『過去の自分が今 僕の土台となる』ONE OK ROCKの名曲『キミシダイ列車』の歌詞にもあるように。
そして彼らは今の自分たちに満足することなく、この秋、新たな試みをする。オーケストラを従えて行う4日間だけの特別なライブだ。
その全貌はまだ明らかになってはいないが、きっとまた私たちの想像を超えるアツいライブになることは間違いないだろう。
今や世界から注目を浴び、日本を代表するROCK BANDとなった『ONE OK ROCK』がグラミー賞を受賞する日も夢ではない。
彼らはその未来のためとなる土台を、今また4人で1つになって創り上げて行くのだろう。
そんな『ONE OK ROCK』のアツいサウンドに今後も期待は高まるばかりだ。

ONE OK ROCK
10

世界のワンオク

世界のロックバンドとなったONE OK ROCK。2年前のライブに参戦したく応募しましたが落選、今年のライブは当選できて行って来ました!若い子達が圧倒的に多かったのですが、男の子のファンが多かったのには驚きました。とにかく曲とボーカルTakaの声がいいです。そして、英語が上手です!流暢な英語を話し、トークも上手なので、ライブ中も飽きずに引き込まれました。メンバーは4人ですが、みんな仲がいいですね。そういう部分も魅力的です。
激しい曲もありますが、バラードも沢山あり、どちらも好きな曲が沢山あります。キーが高いので、カラオケでは女の子も歌える歌が沢山あります。特に「Wherever you are」は最高のバラードでCMソングでも流れた事があり、有名な曲です。現在はホンダのCMで流れている曲もあります。東日本大震災時の被災地復興曲である「Be the light」も感動的な曲です。聴くと時々涙が出そうになる時もあります。海外活動も活発にやっており、ツアーも大成功で終わりました。ドラム・ベース・ギターも上手し、個性的なキャラなので、頼もしいバンドです。アルバムはどれもイイ曲ばかりです。今後も更なる活躍に期待したいです。

ONE OK ROCK
10

『Ambitions』について

全14曲収録のONE OK ROCK8作目のアルバム。
新たな音源を出す毎にサウンドがスケールアップしている。
楽曲制作も海外で行なっており、アレンジ、マスタリング、ミキシング全てが世界水準のロックバンド。元ジャニーズJr.のNEWSに所属していたヴォーカルのtakaの目覚ましい成長が強く感じられるアルバム。
このアルバムを提げて2018年に全国ドームツアーも果たしていおりその公演ほとんどがチケット完売という凄まじさ。今の日本のバンドでドームツアーを行なって動員数満員にできるバンドは数少ない。確かな歌唱力とメッセージ性の強いリリック、それを支える演奏力の高い楽器隊。
どの曲がオススメかと聴かれると困るくらいハズレ曲のないアルバム。強いて言うならWe AreとTake what you wantの2曲。We Areに関してはバンド初となる地上波でのメディア露出を果たした曲。
18祭fesと称して18歳の男女たちとの共演もしており若者だけではなく、大人の心にも響くような番組であった。
Take what you wanに関してはホンダのCMにもタイアップされている。
今後もますます目が離せないバンドONE OK ROCK。
世界基準の音楽で日本だけではなく世界の音楽史の頂点に君臨して欲しいところだ。

ONE OK ROCK
10

ONE OK ROCK サイコー

日本のバンド会では最も有名で人気のあるバンド。
代表曲に完全感覚Dreamer、自分ROCK、The Beginningなどがあり、この曲らの多くはCMや映画、ドラマなどの主題歌として起用されており、一度は耳にしたことがある人も多いのではないだろうか。自分はるろうに剣心という映画を見た際にONE OK ROCKの曲を初めて聞いたが、一瞬にしてファンになった。
楽曲のクオリティにも驚いたが、過去のインタビューを調べたらフォール・アウト・ボーイやリンキン・パーク、サム41などをルーツに挙げていて妙に納得。筆者が10〜20代前半の頃に流行ったUSエモ・パンク〜ラウド・ロックが、時を経て日本でこれほどのサウンドと大衆性をもたらしていたとは……。洋楽をふんだんに吸収したサウンドを浴びているうちに、どんどんシンパシーが湧いてくる。曲を追うごとにバラエティ豊かな音楽性が顔を覗かせるように。四つ打ち一辺倒のJ-ROCKはノーサンキューな筆者も、“C.h.a.o.s.m.y.t.h.”のようなバラード調から、ダンス・チューンの“Mighty Long Fall”まで、緩急をドラマティックに操るONE OK ROCKはさすがの一言だ。

ONE OK ROCK
10

日本を代表するバンド

ONE OK ROCKは世界的に有名な日本のバンドです。メンバーはボーカルのTAKA、ギターのTORU、ドラムのTOMOYA、ベースのRYOTAで構成されています。
かつて、彼らはアマチュアバンドとしてライブハウスでの演奏をしていましたが、今ではチケットが販売されてから数十分で完売するような人気バンドになりました。彼らの風貌からして、どうせ激しい曲ばっかなんでしょ?なんて思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです!彼らの魅力はバラードにもあります。むしろ落ち着いた雰囲気の曲のほうが好きというワンオクファンもいるくらいです。
また、彼らの魅力はそれだけではありません。ワンオクの曲の歌詞のメッセージ性の高さは他の邦ロックのバンドの曲と比べても、頭一つ抜き出ています。
自分は、ワンオクの曲の歌詞のおかげで頑張れた、というような場面が今までに何度もありました。歌詞を聞くだけで涙したこともあります。
ボーカルのTAKAの歌声はとても美しく、そこに他の三人のハイレベルな演奏が加わって非の打ち所のないバンドとなったワンオクの曲を、ぜひ聞いてみてください。あなたも曲を聞いた瞬間からワンオクファンの仲間入りです!

ONE OK ROCK
10

海外に通用する本格派バンド

初めて彼らの曲を聴いた時、てっきり普通に外人さんが歌ってる曲なのだと勘違いしていました。そのぐらい英語の発音が自然で、歌い回しも日本人離れしていました。だから、実は日本人のバンドだと知った時にものすごく衝撃的で、日本人でもこんなふうに歌える人がいるんだってことにほんとにほんとに驚いたものです。
今までの日本の曲って、日本語の中に英語がチョロチョロ入ってるのが当たり前だったけど、彼らの場合は逆で、英語だらけの中に日本語がチョロチョロ。これがまたとても新鮮ですっかりファンになりました。
どの曲を聴いても同じような雰囲気のものばかり、歌い方もほぼ同じというようなミュージシャンも多い中、彼らの楽曲はとにかく幅広い。聴いているだけで涙が出てしまうような静かで優しい曲、明るく楽しい気分になるポップな曲、激しく荒ぶりシャウトしまくる曲。どんな曲でもこなせてしまうその器用さにはほんとに脱帽です。
海外での活動が多く、日本の歌番組などで彼らの演奏を観たり聴いたりすることはできないのですが、それでもCMや映画、ドラマなど、様々なところで彼らの曲は使用されていますね。日本国内だけに収めておくにはもったいないバンドなので、これからもどんどん活動の場を広げていって、より多くの国の人に彼らを知ってもらえたら嬉しいです。