キングダム / KINGDOM

anna_dollさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
キングダム / KINGDOM
9

下僕から中華最強の将軍を目指す物語

この作品は、主人公の信が下僕の身から成り上がって、中華一の大将軍を目指す物語です。時代としては中国の春秋・戦国時代後期です。少年時代から数々の修羅場に遭遇し、仲間との出会いや死別を繰り返して中華一の大将軍を目指すとともに、自らが仕える王の剣となって中華統一を目指します。

お勧めしたいのは、「キャラクター像がはっきりしている」「迫力満点の戦闘シーン」「武力と知略の掛け合い」の3つです。
まずキャラクター像ですが、戦争で優劣を争う時代において、身分の違うキャラクターごとに考え方がはっきりしているためそれぞれの思考や人物像をイメージしながら楽しむことが出来ます。
次に戦闘シーンですが、騎馬隊・歩兵隊・騎馬戦車などが一つ一つ丁寧かつ大胆に描かれています。当然戦争をしているので多少過激な描き方をしますが、読んでいてその迫力に惹き込まれていくほどに見ごたえがあります。
最後に武力と知略の掛け合いですが、この作品はただ主人公が逆境を跳ね返して勝ち続けるわけではありません。将軍同士の一騎討ちのシーンでは武力のぶつかり合いが前面に描かれますが、戦争が始まってから自軍を有利にするために互いに知略をぶつけあってじわじわと攻めていく展開も見られます。知略では戦争だけに限らず、政争という面でも大きな展開があり、一国として死力を尽くして内憂外憂に対処していきます。

戦争系や歴史系が好きな方や、出会いと死別を繰り返して大きく成長する主人公を見るのが好きな方には特に強くお勧めしたいです。