盾の勇者の成り上がり / The Rising of the Shield Hero / 槍の勇者のやり直し / The Reprise of the Spear Hero

Env-worksさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
盾の勇者の成り上がり / The Rising of the Shield Hero / 槍の勇者のやり直し / The Reprise of the Spear Hero
7

盾三郎と言われるほど酷くはないと思う

まず第一に一番褒められる点は作画がいいことです。これは視覚情報に影響するため、何よりも大きい要素です。いかにストーリーや脚本が優れていても、作画がおざなりというだけで何もかもが陳腐に見えてしまいます。制作会社のキネマシトラスが作ったアニメでは、他に少女歌劇レビュースターライト、くまみこやゆゆ式など見たことがありますが、どれも作画水準が高く見ごたえのあるものでした。今作も全体に作画レベルが非常に高く、特にアクション作画においてはボンズに匹敵する出来と言って良いでしょう。作画面では非常におすすめできる作品です。
次にストーリーについてですが、なろう系作品、異世界転生物共通の主人公のイきり感は極力抑えられてて、これまでの異世界系に比べてあまり不快感を感じません。周りを落として上げる系作品なのは他作品と共通していますが、主人公があまりイきり過ぎないので、ストレスなく物語に感情移入できます。他のなろう系にありがちな、意味もなく美少女キャラが増えていき、キャラクターの掘り下げが出来ずに収拾がつかなくなる、ということもないです。本筋も割とはっきりしてるので、ストーリーにこれと言って分かりにくい点もありません。なろう系の中では十分おすすめできる作品であると思います。