ハイキュー!! / Haikyu!!

くれはさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ハイキュー!! / Haikyu!!
9

身長というハンデを乗り越えるバレーボールの青春活劇

物語は、中学校の男子バレーボール地区大会で、日向翔陽が念願の大会デビューをするところから始まります。今までバレー部には人数が足りず、翔暘はママさんバレーや壁当てなど、独自の方法で自主練してきた。そしてある日、街角の電気屋さんのテレビに映った「烏野高校」のバレーボールを見て衝撃を受ける。170cmほどの身長ながらコートを支配する「小さな巨人」の姿がそこにはあった。春高バレー出場という実績を烏野高校に刻んだ「小さな巨人」の栄光はストーリーが進むに従って徐々に明らかになっていきます。翔暘は身長160cm台の選手。しかし、念願叶って烏野高校に入学した翔暘は、影山飛雄という中学時代にも名を馳せた名セッターと共に全国大会(春高バレー)に向けて奇跡的な成長を遂げる。この物語は10巻辺りまでは翔暘と飛雄の2人の葛藤が描かれており「変人速攻」と呼ばれる翔陽と飛雄のコンビネーションを中心にまだまだ未熟な存在として伸び代を匂わせながらストーリーが続いていきます。そして後半は絶対に負けられない試合と3年生のための日向達1年生の気持ちの変化が描かれています。
このマンガの魅力的な理由は全国から集まる多種多様なキャラクターです。そんなキャラクターが合同合宿(5校)で集結するシーンは2度3度と読み返すことでよりインパクトを感じることができます。「諦めない」って口で言う程簡単な事じゃねぇよ、というセリフがこの物語のキーワードになっていると思います。スポコンではなく青春マンガです。