ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody

さくらさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody
10

誰でも楽しめる

この映画は1980年代に人気を誇ったクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーがクイーンに加入する場面から始まります。
フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックが、長髪の頃のフレディーマーキュリーにそっくりです。クイーンに加入後、フレディを中心に第ヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめとするヒット曲の数々の制作裏話や、クイーンが次第に世界的なロックグループに成長していく過程が克明に描かれています。また、フレディ・マーキュリーがLGBTであったことは有名ですが、当時の彼がそのことに悩み、グループ内での軋轢が生じていく過程も描かれており、イギリス在住であるもののイスラム圏出身家庭で育ったであったフレディ・マーキュリーの人生の軌跡も描かれています。フレディー・マーキュリーはやがてグループ内の意見の相違でソロ活動に移りますが、エイズを発症してしまいます。病名をカミングアウトした彼は孤独の中でソロ活動を続けますが、ライブエイドという活動に参加するためにクイーンのメンバーに再結成を呼び掛けます。ライブエイドの中心となって活躍するクイーンのフレディ・マーキュリーはまさに命を燃やし尽くすように熱唱し、ライブエイドを盛り上げました。
ストーリーの中で紹介される「ウィウィルロックユー」や「ユーアーザチャンピオン」等のメイキング秘話も必見。クイーンを知らない人にとってもミュージシャンの一代記として楽しめますし、知っている人にとってはより楽しめる作品です。エンドロールの「ドントストップミーナウ」を聞くころには涙する人もいるかも。ミュージシャン主題の映画の中で必見の一つです。