帝一の國 / Teiichi: Battle of Supreme High

ekinanさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
帝一の國 / Teiichi: Battle of Supreme High
8

ばかばかしいけれど楽しい

なにげなく見始めたのですが、テンポがよく今旬の若手俳優が、全力でバカバカしい話を演じているのが、楽しくて一気に見てしまいました。菅田将暉もさることながら、完全に振り切った間宮祥太郎には笑わせてもらいました。

日本一の名門・海帝高校で生徒会長をつとめた者は、内閣入りが確約されているため、生徒会長の座をめぐって闘いが繰り広げられます。個性の強い生徒たちが(竹内涼真は唯一普通の爽やか青年)、騙し合い、罠をかけ合い、ただただ生徒会長を目指すだけのシンプルなあらすじ。
印象に残っているのが、今をときめく俳優さんのふんどし姿、ピシッと全員揃った礼、それからなぜかみんなの心を一つにしたマイムマイム、採点のシーンも大笑いしました。
ただのコメディかと言えば、そうでもなく、それぞれのキャラが掘り下げられており、ちょっとうるっとするシーンもあります。ラストは意外でした。どんでん返しが何度かあって、まさかの着地点に、「ほー」と思いました。主人公の帝一らしいと言えば帝一らしいですね。

何も考えず、笑ってみることが出来ました。ちょっと元気のない人は。この映画を観てみることをお勧めします。老若男女楽しめますよ。