繕い裁つ人

res12141098さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
繕い裁つ人
8

古きものと新しきもの

”古いもの”を守り続けていかなければならないという想いと、”新しいもの”を生み出したいという本心との葛藤が繊細に描かれている作品。

先代の祖母が始めた南洋裁店の2代目、町中の人から愛されていた「祖母が作った服」のお直しをメインに請け負っている市江。市江の才能に惚れ込み、市江によるデザインの服のブランド化を熱望する青年・藤井の存在に市江の心は揺れます。
偉大な先代の影で、自分は先代の技術を受け継いでいかなければならない、それが自分にとっても幸せなはずだと言い聞かせてきた市江。頑なに藤井をあしらい、取り付く島もないという態度であった市江が、徐々に自分の本心に気が付き、ついには認める。そこに至るまでの心の動き・表情を、中谷美紀が見事に演じ切っています。
舞台は神戸。童話のような、少し浮世離れした雰囲気がありつつ淡々と進んでいく物語。出てくる服はもちろん、画面に現れる風景がどれも美しいです。
古き伝統を伝えていくこと。守り続けたいけれども、自分だけの手による全く新しいものを作り出したいという想い。
祖母の服を大切に着続ける年配の住人たちの前で、女子高生が市江に「私たちの服も作ってくれませんか」と言う。古いものを壊して新しいものを生み出すことへの第一歩を象徴するこのシーンは胸を打ちます。

淡々とした映画が好きな方、ファッションが好きな方、何かに迷っている方はぜひ。