大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL / スマブラSP / Super Smash Bros. Ultimate

kedamakun88さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL / スマブラSP / Super Smash Bros. Ultimate
5

タイトルなし

大乱闘スマッシュブラザーズは、1999年に任天堂64で発売以降続く任天堂に人気シリーズの一角で、任天堂キャラや任天堂に関りがあった他社のキャラが一同を会して戦う対戦型格闘ゲームです。スマッシュブラザーズSPはその6作目となる作品です。
登場キャラは従来のキャラと新規参戦、旧作で欠番となったピチューやミュウツー、スネークなどの復帰を含め総勢70体以上となりシリーズ最多の参戦数となります。
個人的にはスネークの復帰が驚きでした。
ステージ数も旧作のリメイク等合わせると最多で全ステージの終点モードに切り替えることが可能となっています。

まずゲームモードとして大きく3つのモードがあり、一つは従来のキャラとステージを選択し自由にルールが変えられる大乱闘、アーケードゲームのように選択したキャラのテーマに合わせたキャラと対戦し勝ち抜いていく勝ち抜き戦、そしてXの亜空の使者以降初となるアドベンチャーモードとなる灯火の星です。

プレイしてみた感想ですが、私はシリーズをすべてやってきたのでそれほど操作に困ることはありませんでしたが、スイッチのパッドでやるのは多少慣れが必要になると思います。
ですがニンテンドーでキューブコントローラーとの接続が可能になる変換機が発売されてるので、それも購入するのがベストかもしれません。
キャラも多くかなり楽しめます、アシストキャラも多く参戦しているので知っているとニヤリとできるかも。ただ裏を返せばキャラの多さがメインという事もあって新システムであるスピリッツの影が薄いのは否めないです。
いちおうストーリーモードにあたる灯火の星も、ディレクターである桜井さん曰く「期待しないで」とおっしゃっている通り、それほどこのスマブラの肝となるものかと言われれば微妙なのでネタバレを防ぐのもかねて割愛させていただきます。

良くも悪くもお祭りキャラゲーなのでそれ以上を期待する必要もないかと思います。キャラが多いのでバランス崩壊も否めないのでオンラインはおまけ程度に考えるのがベストでしょう。