【グロゲー?】欧米諸国で発売禁止になった暴力ゲーム、『ポスタル』シリーズまとめ【バカゲー?】

残虐ゲームを調べると、まず間違いなく見つかる作品、『ポスタル』シリーズのまとめ。
名前だけ知っているという人は多いものの、実際はどんなゲームなのでしょうか。

プレイヤーは、主人公であるポスタル・デュード(元殺人鬼)となって妻から与えられる御遣いをこなし、月曜日~金曜日までを過ごすのがこのゲームの目的。御遣いといってもGTAのような「~を殺せ!」「~を爆破しろ」などの過激なものではなく、「牛乳を買え」「小切手を払い戻せ」等のいたって平和なものである(徐々に狂った内容のお使いも混ざってくるが、殺人無しでの遂行は可能)。

出典: dic.nicovideo.jp

クォータービューの前作と違い、本作は主観視点であるFPSタイプのゲームになっています。
これによりアクションの臨場感(すなわち殺害描写)が大きくレベルアップしました。といってもグラフィックは荒めで、見ようによってはバカゲーと感じる遊び心地です。

使用武器も追加され、まさにやりたい放題の様々な非人道的プレイが可能です。

さらに、本作では殺しはあくまで手段の1つであり、「あえて誰も殺さない」というプレイもできます。銃撃戦に巻き込まれることも多いPOSTAL2で不殺プレイをすると難易度が大きく跳ね上がります。チャレンジしてみるのも良いでしょう。

過激な環境保護集団。
この後にコイツらが起こすテロに、デュード様が巻き込まれてしまいます。
デュード様は平穏におつかいをこなしたいのに、面倒ごとを起こしたコイツラは許せません。不用意なテロを起こした事を、全員に後悔させてやりましょう。

共演として、ゲーリー・コールマンが出ている他、社長のヴィンスや著名なテロリストも出演している。また、警察施設内にアンソニー・ホプキンス演ずるレクター博士の独房がなぜか存在する。

出典: ja.wikipedia.org

ポスタル2 ウィークエンド

「ポスタル2」のパワーアップキット。前作には無かった土曜・日曜日を描き、あらたなおつかいミッションが追加されています。もちろん新武器や新キャラクターも。狂牛病ゾンビというが登場したのもここからです。

内容はより過激なものが多く、非力な一般市民よりもゾンビや武装集団(軍隊やテロリスト)が多く登場します。特に後半は前作よりも難易度が高くなっています。

また、キャラクターがバラバラになるなど、より残虐なアクションが可能となっています。

ポスタル2 A Week in Paradise(AWP)

海外ポスタルユーザーのKamekが製作した無料MOD。
前作のポスタル2を改良し、ウィークエンドを繋ぎ合わせた作品です。

武器の種類がさらに増え、臓器や破壊描写が細かくなっているなど、残虐度もさらにパワーアップしています。
反面、ゲームの動作が遅く、処理落ちすることも多いです。

ポスタル2 ロシアより愛をこめて

ポスタルシリーズ3作目。『2』とついているが、パワーアップキットではなく単体の作品として作られたものです。

舞台はロシアで、主人公のデュードは奪われた自分のナニを取り戻し、自分をこんな目に合わせた奴にも仕返しをするために、月曜日~木曜日のおつかい(ミッション)をこなしていくゲーム。

出典: ja.wikipedia.org

『2』の主人公、ポスタル・デュードが続投するのですが……なんとデュード様の大切な「ナニ」が盗まれてしまいます。前作で小便をするというアクションが追加され、後に可燃性の小便まで出せるようになったというのに。怒り心頭のデュード様は、犯人を捕まえて復讐するため、おつかいミッションをこなしながら事件の謎を追うことになります。

新武器として、パチンコ、悪臭ソックス、フライパンが登場する。
難易度は本編のポスタル2よりは簡単だが、難しい謎解き要素が存在する。
パチンコという武器は、敵にダメージを与える武器ではなく離れた相手に対し争いを誘う効果がある。

出典: ja.wikipedia.org

Eternal Damnation(ED)

Resurrection Studiosというチームが製作した無料のMODで、後にポスタル・ファッジパックに収録されました。

主人公がデュード様ではなく、ジョンというオリジナルキャラクターに変更されています。『2』でデュード様のファンになった人には残念な点です。

また、本作は全体的にゾンビ系のホラー色が強い作風です。ゾンビの登場が多い上、前作の狂牛病ゾンビよりもグロテスクなデザインとなっており、従来のポスタルよりバイオハザードに近いテイストに仕上げられています。

新武器(バットやチェーンソー)が追加され、パンチ攻撃が可能になった。

出典: ja.wikipedia.org

ポスタル3

前作の『2』から9年ぶりに発売された新タイトルです。
本作はルート分岐があり、善ルートと悪ルートが選べます。『2』の時点でもプレイヤーの任意の行動によって善人になれましたが、システムとして採用されたのは本作が初です。
行動によってカルマメーターを調節すれば、途中から別のルートに進むことも可能になっています。

前作の舞台「パラダイス」を脱出した主人公ポスタル・デュードと愛犬チャンプは、メキシコ国境近くの町「カタルシス」にて財政的事情から身動きが取れなくなってしまい、アダルトショップの使用済みティッシュの回収、前作Weekendの影響で凶暴化したネコの捕獲、女性店主の警護など、まさに3Kの臨時アルバイトを行う羽目になる。
そんなある日、たまたま立ち寄った銀行で地元警察と仮面強盗団との激しい銃撃戦に巻き込まれたデュードは、善人とし地元警察に加勢するか、悪人として仮面強盗団と結託するか、運命の選択を迫られることになる。

出典: dic.nicovideo.jp

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents