ZEEBRAの名曲5選

JAPANESE HIP HOPと言えばこの男であろう。
伝説のグループキングギドラが解散し、ZEEBRAとして活動。
日本にJAPANESE HIP HOPを広めたのは彼と言っても過言ではない。
そんなZEEBRAの名曲。意外と知らない人も多いのでは?

真っ昼間

彼のファンなら真っ先に出てくる曲だ。
まだこの頃は今の低い声ではなく、粘っこいフローだ。
初期のファンはこちらのフローの方が好きなのではないか。

日常をここまでカッコよく韻を踏んで語る曲はこれだけだろう。
ドラゴンアッシュがブレイクした時にDJ BOTSのリミックスでも出されている。

「そこらじゅうを騒がす まじヤバいレコードかけて マジかきまわす」

Mr.DYNAMITE

これはMステで聞いた方も多いのではないか?
実は筆者もMステでこの曲を聴いてからハマった。
ZEEBRAらしい自分の力を誇示した曲。

軽快なリズムに乗せたアップテンポなラップも上手い。
この辺りから今のフローになってきている。
爆撃機のようなBGMが印象的だ。

「まずは俺が捨て身で突っ込むぜ まずはエントラスゲートが吹っ飛ぶぜ」

MASTER MIND

DJ HASEBEの曲に乗せ、
ZEEBRA MUMMY-Dという、
J-HIP HOP界を代表する2大ラッパーが参加している曲。

アップテンポで2人のラッパーが交互にラップする様は、
MCバトルを彷彿とさせる。

当時の天才3人が集まった楽曲。
J-HIP HOP界では伝説となっている曲である。

「札束 かっさらう 半端ない マスターマインド」

男の条件

ZEEBRAの他にMACCHO、Q、BOY-KENが参加。
タイプが全く違うラッパーがそれぞれの男の条件を語る。

MACCHOは相変わらずフローが滑らかで誰にもまねできない。
Qはトコトン韻を踏む。
BOY-KENは相変わらずの声質で聴いてて飽きない。

今の楽曲と比べても原点を感じる曲。
昔からスタンスやメッセージ性が変わっていない事に感動すら覚える。

「男たるもの 口より行動を」

CHILDREN'S STORY

ZEEBRAが子供に、ある物語を話すというストーリー。
高校生の不良の転落人生をラップする。
きっと薬物NGを謳いたいのだろうが、
話しがリアルすぎてストーリーが気になってしまう。

後のFFBの前身と言われている楽曲。

「そこで17歳がとった選択肢 それは17階からの転落死」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents