ファーストガンダム登場人物、最期の言葉 (後編)

X2%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ロボットアニメの金字塔ともいえる、ファーストガンダムこと「機動戦士ガンダム」。一年戦争を舞台とした、「機動戦士ガンダム」は人々の「死のドラマ」でもある。機動戦士ガンダムの登場人物20人の、死に際の台詞、その前後の印象的な台詞をピックアップしてみた。
後編では後半の10人の死を扱う。

www.nicovideo.jp

ウッディ (第29話)

12%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「ジオンめ、それは俺達のホワイトベースだ」
「ジオンめ、ジャブローから出て行け」

マチルダの婚約者であったウッディは、マチルダの愛したホワイトベースを共に愛した。シャアのジャブロー襲撃に、いささか無謀にも小型ホバークラフトで応戦。シャアのズゴックの一撃によって命を落とす。ホワイトベースへ深い愛情と同時に、マチルダを失ったウッディは、死に場所を求めていたのかもしれない。

ドレン (第32話)

13%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「うっ、ガンダムだ。あの白い奴だ。うっ」

物語の序盤で、シャアの副官として登場したドレン。飄々とした感じが魅力的なキャラだ。少尉から大尉に出世して再登場。キャメル艦隊をまかされる。宇宙空間に上がったホワイトベースを追撃するも、あえなく破れる。劇場版第三作では、序盤に登場する。

コンスコン (第34話)

14%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「は、話にならん。も、木馬一隻にこ、こ、こんなにてこずって、シャ、シャアが見てるんだぞ、シャアが。特攻せよ、このチベを木馬のどてっぱらにぶつけい」

「12機のリックドム」を撃破される人ということで有名な、ドズルの部下の士官。彼が無能だったというよりも、ホワイトベース隊、とりわけガンダムの戦闘力が非常識なレベルだったのだろう。テレビ版では二回にわたって登場する。

スレッガー (第36話)

16%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「私情は禁物よ。奴の為にこれ以上の損害は出させねえ。悲しいけど、これ戦争なのよね」

ジャブローで補充兵として、ホワイトベース隊に参加したスレッガー。少年兵の集まりの中での、数少ない「大人の男性」といった感じのキャラクター。ブライト、カムランといったミライに好意を持つ男性は多かったが、ミライが惚れたのはスレッガーだった。

ドズル (第36話)

17%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「やられはせんぞ、やられはせんぞ、貴様ごときに。やられはせん。ジオンの栄光、この俺のプライド、やらせはせん、やらせはせん、やらせはせんぞーっ」

一昔前のロボットアニメの悪役といった、豪快な風貌のドズル。しかしながら、クセのあるザビ家一族の中では常識人。ソロモン陥落を確信したドズルは、新兵器ビグ・ザムでティアンムの旗艦を沈め、ガンダムに挑むのだが・・・

マ・クベ (第37話)

18%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「シャアを図に乗らせない為にはガンダムを倒さねばならんのだよ」
「…おお、ウラガン、あの壺をキシリア様に届けてくれよ、あれはいい物だ」

マ・クベといえば「壺」。劇場版ではストーリーが変更されたため、外伝によっては、マ・クベは長く生存していたりもする。劇場版では登場シーンの少ないマ・クベだが、オデッサ作戦前には、ホワイトベースをあと一歩で撃沈しかけるなどの活躍をしている。

ワッケイン (第38話)

19%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「ホワイトベースか。たくましくなったものだ」
「すぐにホワイトベースも応援に来てくれる。それまで持たせるんだ」

第4話では、ホワイトベース隊をルナツーで足止めさせるなど、意地悪士官という感じだったが、テキサス宙域での交信ではホワイトベースを賞賛している。戦艦マゼランでジオンとの艦隊戦に挑むが撃沈される。劇場版では描写されないエピソード。

ララァ (第41話)

20%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「ああ、アムロ、時が見える」

nakano_makoto
nakano_makoto
@nakano_makoto

目次 - Contents