来世は他人がいい(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『来世は他人がいい』(らいせはたにんがいい)とは、2017年10月号より小西明日翔が『アフタヌーン』(講談社)にて連載しているヤクザを題材とした漫画である。関西のヤクザ一家に生まれ育った「染井 吉乃(そめい よしの)」は関東のヤクザの孫である「深山 霧島(みやま きりしま)」との結婚を勝手に決められ、東京で暮らすことになった。吉乃の関西弁でドスの利いた啖呵や、何を考えているのかがわからない霧島、本当に結婚できるのか先がわからない2人の関係性などが魅力的な作品である。

ヤクザなの暴力団が収入を得るために使う手段のこと。用心棒、賭博、違法薬物密売、売春斡旋のことなど。

半グレ

ヤクザや暴力団に所属せずに暴力を振るったり、犯罪を行う集団のこと。「半グレ集団」ともいう。

バカラ

カジノの一種であり、トランプを使ったゲーム。
バカラは高額な掛け金をかけることが多く、カジノでも主流なゲームである。
日本ではバカラを賭博としてプレイする事は禁止されている。

シャブ

覚醒剤のこと。以前は断薬するために使用していた部屋を今は霧島が使っている。

吉乃が使った武器

ドライヤー

殴りかかってきたチンピラにドライヤーで殴り返す吉乃

赤座しおりのいるクラブに入った吉乃は赤座しおりが呼びつけたチンピラに殴られる。霧島は吉乃が殴られたことに激怒してその場にいるチンピラ達をボコボコし、吉乃は自分を殴った天パのチンピラをドライヤーで殴りつけた。このドライヤーは折り畳めなくなって壊れてしまったので、後日霧島と別のドライヤーを買いに行った。

包丁

護身用に包丁を布団の下に隠す吉乃

夜中に霧島が部屋に忍び込んでいることを感じた吉乃は、護身用に布団の下に包丁を隠していた。吉乃を襲うこともなく、髪の毛を三編みにしている霧島に苛立った吉乃は包丁を手に取るが、霧島にあっさりと抑え込まれてしまった。

ホステスと間違えられる見た目とお酒の強さ

小津をナンパしてお酒を飲んでいる吉乃

派手な見た目とスタイルの良さで大学生やホステスに間違えられることが多い吉乃は、それを武器に小津に近づいた。未成年だがお酒に強い吉乃は焼酎をジュースと言い、一緒に飲もうと誘った小津にも麦焼酎やワインを勧める。その後、未成年に酒を飲ませる飲酒強要をしたと小津を脅している。

自転車

霧島と吉乃に恨みをもっている天パのチンピラと戦うことになってしまった吉乃は、近くの駐輪場で自転車を借りてチンピラをひいた。

スタンガン

襲ってきたチンピラにスタンガンを食らわす吉乃と、吉乃にケガをさせたチンピラを見つけた霧島

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents