魔法少女 俺(第9話『魔法少女☆また増えた』)のあらすじと感想・考察まとめ

Thumb a2c77773 223b 41ab 8020 75cecc87e7e4

PRISMAはデビュー5年目にして、人気にかげりが出はじめた。世代交代の時期だと半ば諦め気味の瑠可に対して、未散はトップアイドルの座を守り続けたい。飛ぶ鳥を落とす勢いのMAHO☆SHOJOをうらやみ、PRISMAも魔法少女になりたいと思う。
今回は「魔法少女 俺」第9話『魔法少女☆また増えた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「魔法少女 俺」第9話『魔法少女☆また増えた』のあらすじ・ストーリー

B83c0d88 s

未散(左)と瑠可(右)に声をかけるハッピーちゃん(中)。未散たちは、キャッチセールスか水商売のスカウトだと思って相手にしない。

ファンクラブ限定イベントを終えたPRISMAの瑠可と未散は、観客が目減りしていることを不安に思っていた。事務所も、今のPRISMAでは動員ができないと思ってか、ライブを白紙に戻した。瑠可は、すでに解散や引退興行で一儲けすることを考えていた。対する未散は、トップアイドルに返り咲くことしか頭になかった。
自分たちの人気凋落の元凶は、勢いのあるMAHO☆SHOJOにあると、PRIAMAは考えていた。先日の合同握手会の報道でも、魔法少女の活躍ばかりクローズアップされていた。未散は、たまたま目に入った魔法少女オレの写真に「こいつは敵!商売敵!だれがあんたなんか」と真っ赤になりながらじたばたする。
カフェに場所を移しても、PRISMAはぼやき続けていた。「魔法少女になれたらなぁ」と瑠可が言い出し、未散がなれたとしても二番煎じだと嫌がっていると、男が声をかけてきた。チンピラの三下のような男はハッピーちゃんと名乗り、魔法少女のスカウトだった。魔法界は、世代交代の時期で人手不足だという。ハッピーちゃんは、二人を「選ばれた人」と持ち上げる。ラブ☆パゥワ~が足りない未散は、特別キャンペーンで契約してもらえた。微細な文字でびっしり書かれた契約書に署名と実印を押して、未散と瑠可は魔法少女への第一歩を踏み出した。
瑠可は「あいつら(MAHO☆SHOJO)と同じような人気が出るなら」、未散は「あの人(魔法少女オレ)と同じ気持ちを感じることができるなら」と、二人の意図することは違っている。未散が魔法少女オレが好きなことを隠そうとする姿の可愛さに、瑠可は笑いをこらえきれない。

42ba66f7 s

魔法少女二人は、妖魔の親玉が兵衛ではないかとにらんでいた。オフの日、さきと桜世は、桃拾のストーキングをはじめた。桃拾が兵衛とショッピングしている様子を、さきと桜世は悪目立ちする仮装で見張っている。さきは、桜世にキスされても、片時も桃拾から目を離さず、兵衛が馬脚をあらわすのを見逃すまいとしていた。
マネージャーから呼び出しがあって、さきと桜世は尾行を中止し、ファミレスに向かった。マネージャーは芸能界のお偉方に囲まれ、合同握手会のパニックについて問責されたのだ。妖魔襲来は、業界内でも事務所が仕込んだものだと思われていた。桃拾たちが所属する大手事務所に無断でスタンドプレーをしたことを叱られ、芸能界に話題を呼びこんだことは大いに褒められたのだった。今回のことが縁で、PRISMAとSTAR☆PRINCEとの合同ライブも決まった。PRISMAの単独ライブを白紙に戻し、仮押さえしていた大会場の使い道に困って、合同イベントの企画として持ちこまれたらしい。さきは、憧れのPRISMAの生歌が聴けることを喜んだ。「世間騒がせて笑いをとるだけが、MAHO☆SHOJOじゃないでしょ」と、マネージャーは、アイドルとしてファンにカッコいい姿を見せてあげようと、さきたちを鼓舞した。さきは、PRISMAがかつての輝きを失いはじめていることを察して、さびしさを覚えていた。

46fa34fc s

魔法少女エターナルデンジャラスプリティ(左)こと未散が考えた登場の口上
エターナルデンジャラスプリティ「翼をもがれた堕天使は今ここに再誕を迎える」
魔法少女エブリシングクレイジービューティこと瑠可(右)「ジハードを生き抜き、エリシオンへとたどりついたプリンシパリティーズ」
二人「復活のリチュアル!オープン・ザ・ゲート!我らPRISMAただいま参上」

PRISMAの魔法少女としての初仕事は、チンピラにからまれた女性を助けることだった。その後も、PRISMAには町の何でも屋レベルの仕事しか来ない。地道な慈善活動やステゴロスタイルの戦闘に、未散は不平を口にする。MAHO☆SHOJOのマジカルマネージャーのような仕掛け人もいないため、SNSで目立つ話題にもならない。瑠可が地味でもSNSで取り上げられているとなだめても、未散の不満の種は尽きない。ラブ☆パゥワ~の足りない未散は、変身するたびに、魔法少女の姿が老けていた。今更やめると言い出しても、クーリングオフはきかない。未散は、瑠可のラブ☆パゥワ~の源をきくが、答えてはもらえない。そして、瑠可は、未散の考えた厨二病炸裂の名乗りが、少々恥ずかしかった。

88e2fd69 s

合体した妖魔と魔法少女たち

STAR☆PRINCEとMAGO☆SHOJO、PRISMAの合同ライブの日が来た。MAHO☆SHOJOがライブ中、STAR☆PRINCEは屋外でCDお渡し会をしていた。お約束のように妖魔たちが現れ、桃拾の隣にいたはずの兵衛は姿を消していた。
出番待ちのPRISMAは、すぐに変身して現場に出向いた。観客にMAHO☆SHOJOの物真似芸人だと思われているほど、PRISMAの魔法少女の認知度は低い。
未散こと魔法少女エターナルデンジャラスプリティは、「好きな人の前で美しい姿のままでいられない」ことを、恥じていた。未散の魔法少女オレへの憧れは、愛へ確変連チャン大当たり中であるはずなのに、ラブ☆パゥワ~不足で老醜をさらしていたのだ。妖魔たちはオレたちとの戦いを重ねて強くなっており、対妖魔戦は初めての未散たちが太刀打ちできる相手ではない。妖魔からジェットアッパーを食らい、魔法少女エターナルデンジャラスプリティは未散の姿に戻ってしまった。魔法少女エブリシングクレイジービューティも変身を解いて瑠可になり、「ミッチーはいつも最高のアイドルだよ」と弱気になった未散を抱き起こす。

7de4fe2c s

瑠可(右)は5年越しの想いを未散(左)に告白

遅れて修羅場に駆けつけた魔法少女オレは、PRISMAも魔法少女だったことに驚く。未散は、自分たちがアイドルとしても、魔法少女としても限界だと、打ちひしがれていた。「前のあなたたちはもっと輝いていた。だからきっと今でもこれからも輝ける」「あきらめないで」とハッパをかけた。魔法少女オレが「桃拾ちゃんが好き!」とラブ☆パゥワ~の解放の手本を見せたことから、「私はさきが好き!」「私はオレさんが好き!」「私は未散が好き!」と、大告白大会になる。
未散は、瑠可が自分を好きだったことを初めて知った。未散にあからさまな好意を向けていた瑠可は、気付かれていなかったことに逆切れしながら、改めて「愛してる」と告白する。
目の前の妖魔は合体して、超大型妖魔と化していた。PRISMAは再び変身し、四人の魔法少女はラブ☆パゥワ~アルティメット対応デンジャークロスを発動して妖魔を倒す。戦闘中の魔法少女エターナルデンジャラスプリティは青年の姿だったが、共闘を終えると死相が見えるほど老化が進んでいた。

D06ca2f6 s

ハッピーちゃん(右)の悪辣な契約を許さないココロちゃん(左)。二人とも魔法少女マスコット部門所属。

ココロちゃんは、ハッピーちゃんをこらしめていた。ハッピーちゃんは、PRISMAの一件で、違法ぎりぎりの契約のみならず、ココロちゃんのショバを荒らしていた。ハッピーちゃんは、尊敬するココロちゃんに蹴られて、どこか幸せそうな表情を浮かべている。
兵衛は、魔法少女の増員に、「また増えちゃった」と含みのありそうな顔つきで呟いた。

「魔法少女 俺」第9話『魔法少女☆また増えた』の感想・考察

cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

魔法少女 俺(第8話『魔法少女☆握手会』)のあらすじと感想・考察まとめ

MAHO☆SHOJOは、PRISMAやSTAR☆PRINCEと合同握手会に臨む。さきの母親・さよりも授業参観気分でやってきた。母親の体の心配と、桃拾あるところに妖魔ありの予感が重なって、さきは気が気でない。会場は、さよりが倒れ、妖魔がイベント参加者を襲うという最悪の事態となった。 今回は「魔法少女 俺」第8話『魔法少女☆握手会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『魔法少女 俺』とは、毛魂一直線原作の漫画、及びそのアニメ作品である。 さきは、アイドルユニット・マジカルツインとして、親友の桜世と奮闘していた。片想いの相手である桃拾を妖魔から助けるため、さきは魔法少女として戦うことになる。桜世も、さきを守るために魔法少女になる。ただし、魔法少女とは名ばかりで、二人は可愛らしいコスチュームに身を包んだ屈強な男性に変身するのだった。

Read Article

魔法少女 俺(第5話『魔法少女☆旅行中』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきたちが修学旅行先の沖縄を満喫しているころ、首都圏は怪獣チヂラに襲われていた。チヂラの東京上陸を阻止するため、政府は対策本部を立ち上げる。チヂラ誕生には、日本のアニメーション業界の闇と、人命が関わっていることが判明する。うろたえるだけの対策本部に、アニメ納品請負人を自称する六人の男が現れる。 今回は「魔法少女 俺」第5話『魔法少女☆旅行中』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第2話『魔法少女☆オレ』)のあらすじと感想・考察まとめ

桃拾を助けるために、さきは魔法少女になった。変身した姿は、鍛え上げられた成人男性そのもの。しかも可憐な衣装を身につけていた。戸惑いながら腕力で妖魔を叩きのめしすさきの一部始終を、マネージャーと桜世が見ていた。 今回は「魔法少女 俺」第2話『魔法少女☆オレ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第6話『魔法少女☆温泉営業』)のあらすじと感想・考察まとめ

魔法少女の活動が注目されるなか、さきと桜世は、久しぶりにマジカルツインとして営業に出た。仕事が終わり、温泉で羽を伸ばすさきは、風呂場で桃拾と鉢合わせし、魔法少女になってしまう。ラッキースケベに浮かれるさきは、この後、長い試練が待っていることを知る由もなかった。 今回は「魔法少女 俺」第6話『魔法少女☆温泉営業』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第3話『魔法少女☆増えた』)のあらすじと感想・考察まとめ

桜世はさきを助けるために、魔法少女になった。幼少時代と思い出を語り、桜世はさきを情熱的に口説きはじめる。マネージャーが隠し撮りした魔法少女の動画は、全世界に配信され、メディアで取り上げられるようになる。 今回は「魔法少女 俺」第3話『魔法少女☆増えた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第7話『魔法少女☆レッスン』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドルMAHO☆SHOJOとしての活動は絶好調だった。それに比例するように妖魔の出現率も増え、悪循環でさきはヘトヘトだった。メジャーCDデビュー決定で生気を取り戻したさきだが、このところの練習不足が不安だった。桜世とさきは、マネージャーとともにカラオケボックスで練習をすることになる。 今回は「魔法少女 俺」第7話『魔法少女☆レッスン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第1話『魔法少女☆変身』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきは駆け出しアイドルとして、あわただしい日々を過ごしていた。ある日怪しい男が現れ、母親から衝撃の事実を知らされる。そして、大好きな桃拾が妖魔に襲われるピンチ到来に、さきは魔法少女になるという選択を迫られる。 今回は「魔法少女 俺」第1話『魔法少女☆変身』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第4話『魔法少女☆対改造人間』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきと桜世は、魔法少女アイドル『MAHO☆SHOJO』としてTV収録に臨む。TV局で桃拾に会えて浮かれるさきだが、ADが桃拾にも自分にもつきまとってくる。この奇妙な姿のADは改造人間を名乗り、魔法少女オレの正体まで知っていた。 今回は「魔法少女 俺」第4話『魔法少女☆対改造人間』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents