魔法少女 俺(第6話『魔法少女☆温泉営業』)のあらすじと感想・考察まとめ

Thumb a2c77773 223b 41ab 8020 75cecc87e7e4

魔法少女の活動が注目されるなか、さきと桜世は、久しぶりにマジカルツインとして営業に出た。仕事が終わり、温泉で羽を伸ばすさきは、風呂場で桃拾と鉢合わせし、魔法少女になってしまう。ラッキースケベに浮かれるさきは、この後、長い試練が待っていることを知る由もなかった。
今回は「魔法少女 俺」第6話『魔法少女☆温泉営業』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「魔法少女 俺」第6話『魔法少女☆温泉営業』のあらすじ・ストーリー

96283e48 s

営業先で偶然会った桃拾(右)に、さきは挨拶をして頭を撫でてもらえた

山間の千座温泉に、さきと桜世は営業に出た。MAHO☆SHOJOとして忙しくなる前に、マジカルツインへ来た依頼だった。本来の女の子アイドルとしての仕事を、さきと桜世は喜んでいた。
マネージャーと三人で、駅前でバスを待っていると、通り過ぎた車に桃拾が乗っていることに桜世が気付いた。STAR☆PRINCEは、プロモーションビデオの撮影が終え、これから帰京するという。
桃拾からさきに挨拶してくれても、さきは舞い上がってまともに喋れない。桃拾に「もっと喋ろう」と頭を撫でられて、さきはますます挙動不審になってしまう。ラブ☆パゥワ~が溢れてうっかり魔法少女になってしまうことを、さきはおそれていた。兵衛はいつものようにさきに皮肉を言い、桃拾を奪うように駅に去っていった。

Bd72d4bb s

温泉でばったり桃拾(左)に会えたさきは、天国と地獄を味わうことになる

営業は、ホテルでのカラオケ大会のゲストだった。カラオケ用のCDをマネージャーが忘れるという失態をするも、マジカルツインの二人は通常のCDを流して口パクでごまかしてしのいだ。
昼間のワンステージで、仕事は終わりだった。
風呂に誘う桜世の潤む瞳や言葉のひとつひとつに、さきは貞操の危機を感じて、桜世が魔法少女になって襲ってくることへの不安を言葉に出してしまう。桜世は「さきへの気持ちは変わらないけど、さきがいやなことはしないから、絶対」と誓った。桜世は大浴場に行くと言い残して、先に部屋を出て行く。
遅れて大浴場に下りたさきは、桜世がいないことを不思議に思いながら、入湯した。
さきは、過剰な警戒心で桜世を傷つけたことを後悔していた。桃拾が自分の立場なら、難しい関係の相手とどうつきあうのかと考え桃拾の名前を呟いた。それだけで、さきにラブ☆パゥワ~が満ちて、あろうことか真っ裸で魔法少女オレに変身してしまう。水風呂で女の子に戻ろうと慌てるさきだったが、脱衣所に桃拾を見つけ、さらにパニックになる。
さきは女湯だと思いこんでいたが、今の時間は男湯に切り替わっていた。時間交代制を知らせる廊下の貼り紙は、さきが入ったときには剥がれて床に落ちていた。桃拾たちは、大雨で交通機関が麻痺して東京に戻れなくなったので、急遽温泉地に戻って一泊することになったのだった。

6e9bcff6 s

桃拾の裸に萌え尽きて白くなった魔法少女オレ@サウナ

桃拾は、思わぬところで魔法少女オレに会えたことを喜んでいた。さきは逃げることを考えながら、桃拾のヌードを見られるラッキースケベに浮かれていた。じっくりと観賞するさきは、桃拾のうなじに傷跡を見つける。子供の頃、山中で迷子になったさきと桜世を探し回ったときに、桃拾は怪我をしていたのだ。さきは、桃拾を傷物にしたことを反省し、改めて「桃拾ちゃんを守って傷ひとつ増やさない」と、さきは自分に約束する。
一時間後、桃拾に付き合うさきは、魔法少女の姿を保つことができなくなっていた。筋肉が落ちてくるたびに、桃拾の裸でラブ☆パゥワ~を補充しても、長風呂で体力を奪われて持続できない。桃拾に誘われてサウナに入ったさきは、衰弱すると同時に、桃拾へのラブ☆パゥワ~も尽きていた。同じころ風呂に来たマネージャーが、桃拾と一緒にいるのが誰かわからないほど、さきは干からびていたのだ。
そのころ、桜世は別にある女湯にいた。さきには紳士的にふるまうと格好つけたものの、桜世の内心は「手ごめにしたい!」と思っていた。抑えきれないその気持ちを一人きりの風呂場で絶叫して、桜世は魔法少女サキガスキになってしまう。慌てて水風呂に飛びこんで、女の子の姿に戻る始末だった。

7f897e5c s

慰安旅行中の(株)妖魔御一行様とばったりの魔法少女サキガスキこと桜世

マネージャーが夕食の時間を知らせに来て、兄の桃拾たちがホテルに泊まることを桜世は知った。マネージャーからサウナの話を聞いた桜世は、さきに何かが起きていることを察した。桃拾に魔法少女の正体を知られたさきが悲しむ姿を、桜世は見たくはなかった。桜世は「だって私はさきが好き!」と叫び、魔法少女サキガスキになった。
増改築で迷路のようになったホテルを横断する桜世は、宴会場に飛びこんでしまう。さつきの間では、(株)妖魔御一行様が日頃の疲れを癒しに来ていた。桜世は妖魔を瞬殺し、さきが桃拾といる風呂に急いだ。
さきのサウナと魔法少女の耐久レースも、限界を迎えていた。我慢比べに負けを認めたときには、魔法少女オレの豊かな胸筋は、さきのデフォルトに戻りつつあった。桃拾が水風呂に移動すると、さきは静かに倒れながら女の子の姿に戻った。
サウナに戻ろうとした桃拾は、脱衣所から「兄さん」と桜世に呼びかけられた。そして自宅から連絡があったと言われ、そのまま部屋に戻った。
気絶したさきを抱えて風呂を出た桜世は、廊下に落ちているボタンを見つける。そして兵衛のジャケットのボタンと似ていることに桜世は気付いた。実は桃拾と魔法少女オレの様子を、兵衛は脱衣所から盗み見ていたのだった。
しばらく後、さきはホテルの部屋で目覚めた。桜世は、桃拾には魔法少女であることはばれていないと言い、さきを安心させた。桜世の下心を疑ったことを謝ろうとするさきを制して、桜世は「次はちゃんと一緒にお風呂入ろうね」と、にっこりした。

0629c556 s

マネージャーのはからいでデュエットするさき(左)と桃拾

マネージャーはトラブルの処理のため、一足先に帰ることになった。カラオケ大会夜の部が行われている大広間で、さきと桜世は夕食をとった。離れたところで食事をしている桃拾は、魔法少女オレを捜しているようだった。桃拾が魔法少女を気に入っていることを思い知らされ、さきはしょんぼりした。
その時、突然ステージからさきと桃拾の名前が呼ばれた。「アイドルは恋愛禁止」と常々注意しているマネージャーが、二人のデュエットをリクエストしていたのだ。
舞台で微笑みかけてくれる桃拾に、「久しぶりに一緒に歌ってよ!桃拾ちゃん!!」とさきは意気込んだ。そして、力んださきのいつも以上に不安定な歌がハウリングとともにホテル館内に轟いたのだった。

「魔法少女 俺」第6話『魔法少女☆温泉営業』の感想・考察

cocoa13
cocoa13
@cocoa13

Related Articles関連記事

魔法少女 俺(第9話『魔法少女☆また増えた』)のあらすじと感想・考察まとめ

PRISMAはデビュー5年目にして、人気にかげりが出はじめた。世代交代の時期だと半ば諦め気味の瑠可に対して、未散はトップアイドルの座を守り続けたい。飛ぶ鳥を落とす勢いのMAHO☆SHOJOをうらやみ、PRISMAも魔法少女になりたいと思う。 今回は「魔法少女 俺」第9話『魔法少女☆また増えた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『魔法少女 俺』とは、毛魂一直線原作の漫画、及びそのアニメ作品である。 さきは、アイドルユニット・マジカルツインとして、親友の桜世と奮闘していた。片想いの相手である桃拾を妖魔から助けるため、さきは魔法少女として戦うことになる。桜世も、さきを守るために魔法少女になる。ただし、魔法少女とは名ばかりで、二人は可愛らしいコスチュームに身を包んだ屈強な男性に変身するのだった。

Read Article

魔法少女 俺(第5話『魔法少女☆旅行中』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきたちが修学旅行先の沖縄を満喫しているころ、首都圏は怪獣チヂラに襲われていた。チヂラの東京上陸を阻止するため、政府は対策本部を立ち上げる。チヂラ誕生には、日本のアニメーション業界の闇と、人命が関わっていることが判明する。うろたえるだけの対策本部に、アニメ納品請負人を自称する六人の男が現れる。 今回は「魔法少女 俺」第5話『魔法少女☆旅行中』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第2話『魔法少女☆オレ』)のあらすじと感想・考察まとめ

桃拾を助けるために、さきは魔法少女になった。変身した姿は、鍛え上げられた成人男性そのもの。しかも可憐な衣装を身につけていた。戸惑いながら腕力で妖魔を叩きのめしすさきの一部始終を、マネージャーと桜世が見ていた。 今回は「魔法少女 俺」第2話『魔法少女☆オレ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第7話『魔法少女☆レッスン』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドルMAHO☆SHOJOとしての活動は絶好調だった。それに比例するように妖魔の出現率も増え、悪循環でさきはヘトヘトだった。メジャーCDデビュー決定で生気を取り戻したさきだが、このところの練習不足が不安だった。桜世とさきは、マネージャーとともにカラオケボックスで練習をすることになる。 今回は「魔法少女 俺」第7話『魔法少女☆レッスン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第3話『魔法少女☆増えた』)のあらすじと感想・考察まとめ

桜世はさきを助けるために、魔法少女になった。幼少時代と思い出を語り、桜世はさきを情熱的に口説きはじめる。マネージャーが隠し撮りした魔法少女の動画は、全世界に配信され、メディアで取り上げられるようになる。 今回は「魔法少女 俺」第3話『魔法少女☆増えた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第8話『魔法少女☆握手会』)のあらすじと感想・考察まとめ

MAHO☆SHOJOは、PRISMAやSTAR☆PRINCEと合同握手会に臨む。さきの母親・さよりも授業参観気分でやってきた。母親の体の心配と、桃拾あるところに妖魔ありの予感が重なって、さきは気が気でない。会場は、さよりが倒れ、妖魔がイベント参加者を襲うという最悪の事態となった。 今回は「魔法少女 俺」第8話『魔法少女☆握手会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第1話『魔法少女☆変身』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきは駆け出しアイドルとして、あわただしい日々を過ごしていた。ある日怪しい男が現れ、母親から衝撃の事実を知らされる。そして、大好きな桃拾が妖魔に襲われるピンチ到来に、さきは魔法少女になるという選択を迫られる。 今回は「魔法少女 俺」第1話『魔法少女☆変身』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

魔法少女 俺(第4話『魔法少女☆対改造人間』)のあらすじと感想・考察まとめ

さきと桜世は、魔法少女アイドル『MAHO☆SHOJO』としてTV収録に臨む。TV局で桃拾に会えて浮かれるさきだが、ADが桃拾にも自分にもつきまとってくる。この奇妙な姿のADは改造人間を名乗り、魔法少女オレの正体まで知っていた。 今回は「魔法少女 俺」第4話『魔法少女☆対改造人間』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents