鑑定士と顔のない依頼人(The Best Offer)のネタバレ解説まとめ

417 l2

『鑑定士と顔のない依頼人』とは、ジェフリー・ラッシュが演じる、すご腕の美術品鑑定士だが、人嫌いで女性と縁のないヴァージルが姿を見せない謎めいた依頼人クレアに心惹かれていくミステリードラマ。
ヴァージルとクレアの恋の裏では、ヴァージルの長年のパートナーが用意周到に計画した復讐劇が進められていた。
「ニュー・シネマ・パラダイス」などを手がけたジュゼッペ・トルナトーレ監督・脚本による作品である。

『鑑定士と顔のない依頼人』の概要

Img 6

『鑑定士と顔のない依頼人』とは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督・脚本による2013年のイタリアの恋愛・ミステリー映画である。
主演はジェフリー・ラッシュが務め、共演にはジム・スタージェス、ドナルド・サザーランドらが出演している。
目利きの美術品鑑定士が、姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄され、思いがけない運命を辿る様を描いたミステリアスな作品である。

撮影は2012年4月30日にイタリア北部の都市トリエステで始まり、その後フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、ウィーン、南ティロルで5~6週間かけて行われた。
アメリカで発行されているエンターテイメント情報紙では「鋭い脚本」と評された。また、主演ジェフリー・ラッシュの演技も好評価された。
イタリア映画賞のダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では作品賞、監督賞、美術監督賞、衣裳賞、音楽賞を獲得した。
同じくイタリアの映画賞、ナストロ・ダルジェント賞では音楽賞と作品賞を含む6部門を獲得した。イタリアゴールデングローブ賞では撮影賞と作曲賞にノミネートされている。
本作はイタリアで2013年1月1日の公開され、日本では2013年12月13日に公開された。

『鑑定士と顔のない依頼人』のあらすじ・ストーリー

鑑定士ヴァージル

3

いつものレストランで一人食事をするヴァージル。

美術品の鑑定士ヴァージル・オールドマンは美術オークションの場を取り仕切る、一流のオークショニアであった。
経済的に裕福な彼は、一日の仕事を終え、髪を染め、高級スーツに身を包んで一人高級レストランで食事をする生活を送っている。人間嫌いで潔癖症のヴァージルは、結婚もせず親しい友人も持たず、孤高の生活を送っていた。
ヴァージルの唯一の楽しみは美術品である女性の肖像画を収集することだった。
ヴァージルは、オークショニアとして木槌を振るい美術品を取引していながら、元画家のビリーと組み名画を格安で落札させるよう取引を誘導し、それらを手に入れていた。
不正に入手した名画の数々はヴァージルの自宅の隠し部屋にコレクションされていた。厳重な警備システムに守られた部屋の壁一面に飾った名画を鑑賞する時が、ヴァージルにとって至福の時間だった。

4

自宅の隠し部屋で数々の名画を眺めるヴァージル。

依頼人クレア

そんなヴァージルの元に、ある日鑑定の依頼が入った。
依頼人はクレア・イベットソンと名乗る女性で、急死した両親の収集していた美術品やアンティーク家具を鑑定し、競売にかけてほしいという依頼だった。ヴァージルは約束の日時に指定場所へと出向くが、誰も現れず待ちぼうけを食らってしまい、激怒する。

5

鑑定依頼を受けクレアの屋敷を訪れたヴァージル。

後日クレアから電話があり彼女は「交通事故に遭って行くことができなかった。今度はきちんと行くから鑑定をして欲しい」と言う。
クレアに懇願されたヴァージルは、再度クレアの邸宅へと出向くがそこでも彼女は姿を現わさず、彼女の変わりに屋敷の使用人フレッドが現れ、ヴァージルを屋敷の中へと案内した。
やむなく1人で屋敷の中を見て回ったヴァージルは、地下室の片隅に転がった機械部品に気付き、密かに持ち帰る。その機械部品を顔なじみの機械修理屋ロバートの元へ持ち込み、何の部品か調査を依頼した。

%ef%bc%96

ヴァージルが持ち帰った機会部品を調べるロバート。

ヴァージルは屋敷の下見が終わり、クレアと電話を通して鑑定を進めることとなった。
だがヴァージルは「美術品を競売にかけるには書類にサインが必要で、あなたが姿を現さないと何も始まらない。」とクレアに告げる。それを聞いたクレアは「作業を進めてください。屋敷に出向いて契約書にサインをする。」とヴァージルに言った。
後日、屋敷の美術品やアンティーク家具を引き取るためヴァージルはフレッドを通じて屋敷に出向いた。
屋敷に出向くと言ってたクレアは一向に姿を表す気配がなく、ヴァージルは苛立ちを募らせていた。その時、フレッドの携帯電話にクレアから連絡が入る。電話を受け取ったヴァージルは「色々事情があって行けなかった」と言い訳をするクレアに「姿の見えない幽霊と仕事をするつもりはない」と苛立ちをぶつける。
その時、屋敷内で進められている美術品の鑑定作業音が電話口から聞こえたことで、ヴァージルはクレアが屋敷の中にいるのではないかと考え、屋敷中を歩き回りながらクレアに出てくるように言うが彼女は頑として姿を現さず一方的に電話を切ってしまった。

%ef%bc%97

クレアの屋敷内を歩き回りながら彼女を探すヴァージル。

ヴァージルは、姿を現さないクレアについてフレッドに話を聞くことにした。フレッドによれば、クレアは恐らく27歳ぐらいになるが病気を患っており人前に出ることはなく、話をしたことはあるが11年の勤務中に一度も会ったことがないと語った。
ヴァージルはクレアの屋敷から持ち帰った機械部品を持って再びロバートの元を訪れた。以前渡した部品を分析したロバートによれば、それは18世紀頃に作られた貴重なオートマタ(機械人形)の部品かもしれないという。部品が揃ってオートマタを復元できれば、それは大変な価値を持つと知るヴァージルは、他の部品が屋敷にあるか探してみると請け合った。

8

クレアの屋敷から持ち帰った機械部品を再度ロバートのもとへ持ち込んだヴァージルと、他の客の仕事をしていたロバート。

後日、クレアから「会いたい」と連絡を受けたヴァージルは屋敷へと出向く。
ヴァージルが屋敷に入ると、クレアが壁越しに話しかけてきた。ヴァージルの読み通り、クレアは屋敷の中の隠し部屋の中にいたのだ。そこでクレアは自身の患う病気について話し始めた。クレアは広場恐怖症という病気により、「人に会うのが怖い。15歳から人が屋敷に入ってくると隠し部屋に引きこもる。人がいない時に屋敷の中を動き回っている。」と告白した。
ヴァージルとクレアは今後、電話だけではなく屋敷の壁越しにも会話することを決め、彼は屋敷への自由な出入りを許された。

9

クレアの隠し部屋の位置が分かり、隠し部屋に向かって壁越しにクレアと会話をするヴァージル。

ヴァージルとクレアの恋

11 %ef%bc%92

クレアの隠し部屋の近くのテーブルで鑑定作業中のヴァージル。壁越しにクレアと会話をしている。

壁越しに交流を続けるうち、ヴァージルは彼女の謎めいた様子に好奇心が高まっていく。
さらに、競売の契約のために身分証明書の提示を求め、彼女のパスポートに載っている子供の頃の写真を見たことで現在のクレアの容姿についても興味を持った。
ヴァージルのクレアに対する好奇心は日に日に高まっていき、ある日屋敷から帰ると見せかけて部屋の物陰に潜みクレアが隠し部屋から出てくるのを待ち受けた。
人がいなくなったら隠し部屋から出ると言っていた通り、ヴァージルが帰ったと思ったクレアは隠し部屋から出てきた。クレアの美しい素顔にヴァージルは心を奪われた。

10

屋敷内に誰もいなくなり、隠し部屋から出てこようとしているクレア。

一方で、ヴァージルはクレアの屋敷に通うたびに、オートマタの部品を見つけロバートに届け続けていた。
また多くの女性との交際経験を持つロバートに、ヴァージルはクレアについて相談するようになる。
ヴァージルとクレアは壁越しに会話をしながら仲を深めていく。また、クレアもヴァージルに惹かれていくようになる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents