かげきしょうじょ!!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『かげきしょうじょ!!』は斉木久美子による少女漫画で、現在『メロディ』で連載されている漫画および、アニメ作品。宝塚音楽学校及び宝塚歌劇団をモデルにしている。この漫画の主人公であるさらさと愛は紅華歌劇音楽学校に入学し、そこで演劇やバレエ、歌などを学ぶ。それら歌劇に必要なことを学び、身に付けながらお互いに、またクラスメートたちと切磋琢磨していく。

『かげきしょうじょ!!』の概要

『かげきしょうじょ!!』は斉木久美子による少女漫画。2012年から2014年まで『かげきしょうじょ!』として『ジャンプ改』で連載されていました。しかしジャンプ改の休刊により、2015年からは『メロディ』にて題名を『かげきしょうじょ!!』に改めて連載を再会しました。改題前の『かげきしょうじょ!』は2019年3月に『かげきしょうじょ!!シーズンゼロ』としてコミックスの発売もされている。『かげきしょうじょ!!』2022年1月の時点では11巻まで刊行されているが、電子書籍を含むシリーズ累計発行部数は100万部を越えていて、2021年夏にはアニメにもなった。

『かげきしょうじょ!!』のあらすじ・ストーリー

『かげきしょうじょ!!』の舞台となるのは創立100年の歴史を持つ、未婚の女性が所属する紅華歌劇音楽学校。宝塚歌劇団がモデルになっている。主人公の渡辺さらさは大好きな祖母と一緒に観たベルサイユのばらのオスカルに憧れ、紅華の門を叩き、さらさは「オスカル様になります」と皆の前でキラキラとした目で宣言した。紅華の寮で同室のAKB48がモデルとなっているアイドルグループJPX48の元メンバーであり、男嫌いの奈良田愛や個性的な同級生とともに友情を築きながら、お互い支え合い課題を乗り越えていく。

さらさと愛の出会い

さらさと愛が出会う場面

紅華音楽学校の合格発表に来ていたさらさと愛。元JPX48のメンバーということもあり、注目度も高い愛は受かったことはさも当然という態度で、合格したことを叔父の太一に連絡。しかしさらさは合格したことを大きな声で祖父に電話連絡しており、注目を集めていた。その時愛は受験番号が書かれた紙を風で飛ばしてしまったが、さらさが見事なジャンプ力と体幹で愛の紙をキャッチした。初めてさらさを見た愛はさらさの身長とキラキラとした目、そしてブレない体幹が頭から離れなくなる。合格発表後のガイダンスではさらさと愛は隣の席になる。遅れてきたさらさは愛の隣に座るなり、いきなり愛の名前を聞き、元JPXメンバーの名前を知らないなんてと周りを驚かせる。その後2人は同じ部屋となった。同室のさらさに愛は困らせられ、振り回され、自分のペースを乱される。そんなさらさを鬱陶しいと思うと同時に、気になってしまう愛。そんな時に愛が紅華音楽学校に入学したことを知った、愛がJPX48の握手会で気持ち悪いと言ってしまったファンが愛に会いたいと姿を表した。そのファンは愛のお陰で引きこもりから立ち直ることができ、そのお礼を言いたいと言う。そのことを知ったさらさは愛とそのファンを会えるよう取り計った。この出来事がきっかけで2人は距離をグッと縮めるのだ。

ロミオとジュリエット実技授業

さらさが授業でティボルトを演じている様子

座学の多い紅華音楽学校1年生である予科生は不満たらたらだった。さらさはその不満を受け止めそのことを担任の安道に伝える。ことことがきっかけで念願の演劇授業がスタートした。授業では4人1組のグループで『ロミオとジュリエット』を演じることになり、さらさはクラスメートである友人の愛、薫、千夏と共に取り組むことになった。ロミオは薫、ジュリエットは愛、乳母は千夏、ティボルトはさらさである。そこでさらさは皆を驚かせる才能を見せる。なんと紅華歌劇団のトップスターが演じたティボルトを指遣いから視線まで完璧にコピーし、演じたのだ。それには見ていた人全員が思わず息を呑む。しかし安道に「それはお前のティボルトではない。このままでは絶対にトップになれないぞ」と言われてしまう。

紅華大運動会開幕

大運動会でリレーの選手に抜擢され、緊張しているさらさ

予科生は紅華音楽学校2年生であり、さらさたちの先輩にあたる本科生、紅華歌劇団のトップのさらに上に存在する専科の人たちとともに運動会の準備をする。突然専科でリレーを走る予定だった人が走れなくなり、代役を立てることになった。まさか、その代役に本科生を差し置いてさらさが選ばれてしまった。代役に選ばれて困ったさらさは本番まで悩むことになる。そんなさらさにさらさのペアであり本科生の先輩のリサは「あんたを見に来ているわけではない」と励ましたが、相変わらず元気が出ない。その時通りかかった紅華歌劇団冬組スターの里美星から「突然リレーに抜擢された馬鹿でかい女の子を演じなさい」と言われ前向きさを取り戻した。リレー本番、さらさは憧れの「隠れ巨乳さらさ」を演じて列に並んだ。走る順番は星と同じ7走目。スタートの銃声が鳴り、リレーは大盛りあがりを見せ、さらさはトップでバトンを受け取り走り出した。しかしバトンパスで失敗し、落したバトンを拾おうとした星とぶつかってしまうというアクシデントが起こってしまう。初めはパニックになったさらさですが、観客が見たいと思うシーンをさらさなりに考え、星にアイコンタクトを送る。それに気付いた星はさらさに「大丈夫?立てる?」と男役トップスターの輝きを放ちながら、手を差し伸べ2人は手を繋ぎながらゴールまで走るこになった。

ロミオとジュリエット文化祭オーディション

前回の授業で散々な評価だったティボルト役に立候補するさらさ。

文化祭は本科生の卒業発表がメインで、予科生はその準備や手伝い、バックでのサポートがほとんどでした。しかし、今回は新たな試みで予科生のコーラスと寸劇の出番があると言われた。時間の関係上寸劇に出られるのは4人のみ。そこでその4人をオーディション形式で決めるということを安道から告げられた。演目は前回演技指導で行った『ロミオとジュリエット』。さらさは前回の安道の悪い評価が忘れられずロミオ役を選ぶか、ティボルト役を選ぶか思い悩んでいた。自分に合っているのは明るいロミオである、しかし演じたいのはティボルト。さらさは悩んだ末にティボルトを選択した。そして安道に「前回のリベンジです」と宣言した。オーディション本番までさらさなりの、さらさオリジナルのティボルトを考え抜く。そして、オーディション本番まずは愛の発表。愛はジュリエットの恋心を美しく表現し、先生方から評価を得ることができた。それを見ていた同じジュリエット志望の彩子は自信を無くたが、しかし自分の持ち前の歌を精一杯発表し、見事ジュリエット役を射止める。委員長の紗和はさらさをライバル視しながら、執念こもったティボルトを演じきる。さらさは2階席まで見えているような広い視野や視線誘導を見事に使い、普段の明るいさらさからは想像できないオリジナルのティボルトを演じた。そして見事ティボルト役に選ばれる。

文化祭当日

『風と共に去りぬ』のスカーレットを演じる本科生たち

さらさは本科生の演じる『風と共に去りぬ』を観て感動していました。その時、健おじいちゃんが倒れたとの連絡を受け、動揺しするさらさ。動揺するさらさに「あんたがいても、いなくても変わらない」と言う本科生副委員長で愛のペアである先輩の聖。さらさのペアで本科生のリサはさらさを励ましますが、さらさにとっておじいちゃんは唯一の肉親。舞台を降り、祖父の元へと向かうことを決めました。さらさが降りたため、ティボルト役がいなくなり動揺が隠せない予科生たち。間のとり方もさらさの間で練習してきたため簡単に代役を選ぶことができません。紗和に白羽の矢が立ちますが、声を出し過ぎてカラカラ。そこで愛が「さらさと台本読みを一緒にやってきたから間が分かる」と立候補し、舞台に上がる。

オルフェウスとエンデュリケ実技指導

『オルフェウスとエンデュリケ』を演じるため、お互いのペアと練習に励む

さらさたちが予科生から本科生に上がって初の実技指導。指導は高木先生で、先輩方からも厳しいと聞いている。授業前に愛は娘役ではなく男役を選択すると言い、衝撃を与えた。さらさは千秋と組んで実技指導に挑む。オルフェウスとしてエンデュリケの千秋を精一杯愛し、甘やかすさらさ。そんなさらさに千秋はお腹いっぱいの状態。さらさのオルフェウスが愛せるかと不安でした。しかしさらさから千秋に「前に進むための授業だし、千秋のエンデュリケが1番可愛い」と言われ、気分が前向きになる。授業当日、練習のときとは違いさらさを感じさせない演技に安心感を覚える千秋。しかし、中盤に向かうとさらさはどんどん暴走し千秋を無視してどんどん演技を進めてしまった。千秋は1人で必死に立て直そうとしますが、なかなか息が合いません。そして、とうとう息が合わないまま終わってしまう。高木の評価は「舞台というものは、役者やスタッフ、観客が同じ時間を共にするものだ。それ故にどれだけ役を演じきっても観客を置いていってしまっては意味がありません。とにかく息が合っていない」というものだった。演技を終えた千秋はさらさの暴走に怒ってしまいまう。そして姉の千夏の前で涙を流した。さらさたちの次は愛と千夏の番。愛はさらさのように明るいオルフェウスを演じるにはまだ実力が足りないと思い、シリアスな演技を選択した。そしてJPXでの経験を生かし、舞台の使い方にもこだわりを見せる。舞台を広く、奥行きのある使い方をしたことで高木から想像力があると褒められ、嬉しくなる愛。さらさはトイレに行った千秋を追いかけ、暴走した演技のことを誤り、もう一度自分と組んでほしいとお願いした。千秋は「ミスを立て直す方が評価されるから」と言ってさらさと組むことを受け入れる。そして、握手をした2人の手に愛の手が重なり、その後紗和の手も重なり、今度は4人で『オルフェウスとエンデュリケ』を演じることになります。

『かげきしょうじょ!!』の登場人物・キャラクター

torres
torres
@torres

目次 - Contents