Default
Eye catch pokemon black white 3 ver
ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)とは

ニンテンドーDS用ソフトとして発売されたシリーズ5作目。イッシュ地方に住む主人公と幼なじみのチェレン、ベルの3人はポケモンの研究をしているアララギ博士から初めてのポケモンとポケモン図鑑をプレゼントされ、新米トレーナーとしてイッシュ地方を巡る旅に出る。旅の中で、N(エヌ)という青年と出会い衝突し、暗躍するプラズマ団の陰謀に巻き込まれていく。「多様性」というテーマの元、ゲーム内容も豊富になっている。

Eye catch 03 1024x768
ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt、ポケモンDPpt)とは

今作はDSで発売された究極のポケットモンスターと銘打たれた、ポケットモンスターシリーズ4作目である。シンオウ地方に住む主人公は、テレビ番組に触発された幼馴染のライバルに誘われ、町の近くの湖に赤いギャラドスを探しに出かける。湖畔の草むらに置き忘れられたナナカマド博士の鞄に入っていたポケモンを偶然から手にした主人公とライバルの二人はポケモン図鑑の完成を頼まれ旅に出る。

Eye catch page03 img 06
ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)とは

ホウエン地方のトウカシティでジムリーダーを勤めている父と暮らすため、母と一緒にホウエン地方に引越してきた主人公は、ポケモンに襲われているオダマキ博士を助けたことが切っ掛けとなり、お礼として博士から初めてのポケモンとポケモン図鑑をもらい冒険の旅に出ることになる。本作は、ポケットモンスターシリーズ3作目となり、ダブルバトルなど、新しく導入されたものも多く、以降のシリーズおいての基礎となっている。

Eye catch img story 01 03
ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)とは

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の続編。主人公はある日、ポケモンの進化についての研究を行っているウツギ博士に呼び出され、ポケモンじいさんの家までお使いを頼まれる。そこで偶然居合わせたオーキド博士にトレーナーとしての才能を見出されポケモン図鑑を渡され、新米のポケモントレーナーとしてポケモンリーグへの出場を目指し、旅にでる。

Eye catch a simpler time pokemon red blue green and yellow
ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)とは

『ポケットモンスター』(ポケモン)の名を冠して任天堂から発売された最初のゲームソフトおよびそれらの別バージョン・リメイク作品である。 ポケモン図鑑(ミュウを除いた当時の総登場数150匹の捕獲)の完成を、ポケモン博士オーキドの孫であるライバルの少年と競い合いながら、ポケモンジムを巡り、チャンピオンを目指す物語。 その旅の中で主人公は様々な人々やポケモンたちと出会い、別れ、成長してゆく。

Eye catch title
ポケットモンスター サン・ムーン(ポケモン サン・ムーン、ポケモンSM、Pokémon Sun and Moon)とは

本作は、シリーズ第一作目の発売から20周年となる2016年2月27日に『Pokémon Direct 2016.2.27』で発表された。冒険の舞台は温暖な気候の島々からなるアローラ地方。この地方では子どもたちが一人前のポケモントレーナーになるための行事として『島めぐり』の儀式が行われており、4つの島それぞれにある『試練』へと、主人公や友人のハウも挑戦することとなる。