バイオハザード RE:2

バイオハザード RE:2のレビュー・評価・感想

レビューを書く
バイオハザード RE:2
9

最高のリメイク

2018年に満を持して発売された『バイオハザードRE:2』は、以前発売されていたバイオハザードの初期作品である『バイオハザード2』のリメイクである。バイオハザード作品の登場人物の中でも人気の高い、レオンとエイダが初めて出会うこの『バイオハザード2』がリメイクされたとあって、発売以前からバイオファンの間で大きな話題となっていた。

『バイオハザードRE:2』はリメイクということもあり、ストーリーの大筋としては『バイオハザード2』と大きな違いは無いのだが、一から構成し直された物語展開は、『バイオハザード2』を既にプレイした人にとっても楽しめるようになっている。
レオン編、クレア編の二つに分かれたストーリー展開のみならず、リメイク前の作品で隠しゲームであった「豆腐モード」や「ハンク編」がフルリメイクされており、また今作の新要素としてサブストーリーの「ゴーストサバイバーズ」が追加され、本編だけではない楽しみが増えている。
新しくなったグラフィックは、バイオハザードシリーズのなかでも最高の出来で、リメイク前の作品を既にプレイしている人にとっては、伝説のシーンを素晴らしいグラフィックでもう一度見ることができる。さらに、リメイク前作品が未プレイの人にとっても、これからバイオハザード作品に手を出したいと考えているならば、今後のストーリー展開などの基盤となる最高の導入作品になるのではないだろうか。

バイオハザード RE:2
9

20年の時を超えて蘇る、珠玉のサバイバルホラーゲーム!

この作品は俗にいうサバイバルホラーなのですが、作品によってはゲームの難易度が理不尽なのものがありクリアまでが大変なものがあります。
そういった部分については非常によく作りこまれており、一度失敗しても何度かトライ&エラーを繰り返しているうちに必ず先に進めるようになっています。難易度も三段階に分かれており、一番簡単なものを選べばこのようなジャンルの作品を初めてプレイされる方でも詰まることなく、最大限世界観を楽しみながらクリアすることができます。
また、ゲーム本編のボリュームも程よく一度クリアしたあとでも今度は違うキャラクターでもう一度プレイしてみようと気軽にできる内容になっています。
かといって内容が薄いといったわけではなく、一つのステージに様々な要素をバランスよく組み入れ一回一回のプレイごとに毎回違ったものを発見できるゲーム性となっています。

ゲーム本編が終わったあとのお楽しみ要素もたくさんあり、例えば本編中は常に弾薬や回復アイテム等の限られたリソースの管理に悩みながらのプレイになるのですが(それが今作の醍醐味でもありますが)
一転クリア後に、ある条件を満たすと弾薬無限の武器が手に入り今までさんざん怖がらされてきたゾンビやクリーチャーへのお礼参りプレイもできるといった非常に幅のあるプレイスタイルが可能となっています。

この作品・RE2は間違いなく傑作であるといえます。
少ないリソースを管理しながら強大かつ残忍な存在がうごめく世界をプレイヤー自身の手で生き残った時、きっと感じたことのない達成感を感じることが出来るはずです!

バイオハザード RE:2
8

リメイクにして最高傑作

初期のプレイステーションにて発売されたバイオハザード2のフルリメイク作品となっています。
現代風に変更点はあるものの、それが見事にマッチしてかなりの仕上がりとなっています。
また、操作性の悪かった(あえてそれが恐怖を煽り良いとする方もいる)移動で何一つ気にすることもなくクリアすることができました。
ダッシュは左スティックの押し込みがデフォルトですので、FPSに慣れてない方は最初は少し苦労するかもです。
そこが私にとってマイナス点なだけでしたが、すぐに慣れます(笑)
たったこれだけしか私にとってマイナス点がないのです。
初期のバイオハザード2をやったことある方は別ゲーに感じると思いますし、バイオシリーズが初めての方も純粋に恐怖しながら楽しめる作品となっています。
主人公のレオンとクレアがいますが、ストーリーを表と裏が用意されていてストーリー4つ分楽しめてお得感が凄いです(笑)
また、先日無料のDLCが配信されました。
こちらも恐くて私もビクビクしながらプレイしてましたが、人って慣れるものでゾンビがでてきても「あ、はいは~い」って感じで耐性もつきました(笑)
ゲームは好きだけどホラーは苦手って人にもオススメできる、ホラー入門ゲームって感じもしましたので、この機会に是非皆さんプレイしてくださいね!
よきバイオライフを!

バイオハザード RE:2
10

バイオハザード2REをやってみて

ラクーンシティーが舞台となるバイオハザード2がリメイクされてバイオハザード2REとなってPS4で発売されました。
PS4でリメイクされただけに映像もかなり綺麗になっており、演出面においてもリアリティーが数倍にも増して恐怖度がかなり高まっててプレイ中はいつ何時も手に汗を握ること間違いなし!PS版にはなかったシナリオも追加されており、PS版の時よりもキャラクター同士の絡みが濃くてストーリー面でも面白くなってた。
今作のゾンビは非常にしぶとく、何回頭を撃ち抜いてダウンさせても起き上がってくるというものでかなり怖いものに。タイラントの外見がかなり変わっておりプレイヤーを恐怖の底に陥れます!リメイク版の方のタイラントの顔があの有名な映画であるエルム街の悪夢のフレディにかなり似てて、かなりグロテスクな外見になっています。登場人物の顔だちや服装も若干変化していましたし、エイダの格好が少し怪しいスパイといった感じがして格好よかったです。拾える弾薬数に限りがあったり敵が全体的に強化されてるのもあって難易度が結構高かったしゲーマーにとってもやり込み要素が高いものとなっており非常に優秀な作品となっています!