キック・アス

キック・アスのレビュー・評価・感想

レビューを書く
キック・アス
8

アメコミ版のキックアスを読んでくれ

今回はアメリカンコミックスの「キック・アス」を紹介したいと思います。
なぜ今回、映画のほうではなくアメコミのレビューをしたかというと単純にアメコミのほうが面白いからです。
あらすじをざっくり説明すると、スーパーヒーローに憧れている非モテ高校生デイブがある日、コスチュームをネットで購入し、チンピラを襲い、さらにエスカレートしてマフィアにまで発展していくという流れです。
ここで重要なのが、アメコミ版の主人公デイブがモテないということです。見た目もガリでオタク少年という感じです。
映画版のデイブはハンサムで高身長でマッチョなナイスガイです。はっきり言ってオタクに見えないし、弱そうな感じには見えません。
しかも、映画のデイブには彼女がいます。割と映画の前半あたりくらいから付き合いはじめ、ベッドシーンなどもあり超リア充です。
アメコミ版のデイブはというとかなり悲惨です。物語のラストですら彼女はできません。普通、主人公が成長していく物語は最後好きな女性と付き合うのですが、そんな甘いラストは用意されていません。
そして肝心の格闘シーンに関しても、アメコミ版の方がよりシリアスな展開、描写になっています。理由としては顔面を殴られたりしたら、鼻が折れ曲がったり、目が腫れ上がる絵をしっかりと描き込んでいて非常に好感が持てます。この絵によって戦いの悲惨さがダイレクトに伝わってきます。
私は、映画版のデイブのような完璧な奴よりもアメコミ版の弱くても勇気があるデイブの方が好きだし、応援ができますね。