日日是好日

日日是好日のレビュー・評価・感想

レビューを書く
日日是好日
9

穏やかな気分になる映画

空腹時に観るのは危険、終わったら和菓子が何故かむしょうに食べたくなるかもしれないからです。
この映画にはワクワクするような衝撃、ストーリーはあまり期待しない方がいいかと思います。そういう意味では人を選ぶ作品かなあと思います。
一人の女性が青春から人生の中堅に差し掛かるまでの二十年の時間を切り取って丁寧に丁寧に描写しています。そしてそんな主人公のそばにはお茶、茶道の存在がそっと寄り添っています。
黒木華演じる主人公の女性はあまり個性があると言えず、どこか周りに埋没してしまうような地味な女の子。お茶だって、両親のすすめと、多部未華子演じる従姉妹の勢いに押されるようにして何となく始めてしまった感じ。スタートがそんな感じ故に主人公がお茶に知らずしらずのうちに惹かれていき、生活の一部となり、なくてはならない存在になっていくのがゆっくりと伝わってきました。
特筆すべきは、公開時期に亡くなった故に一層意味深いものとなった、お茶の先生役である樹木希林の存在!茶道を少しでも習った人間なら誰でも居る居るこんな先生!と言ってしまうくらいそのものでした。この女優さんは本当に素晴らしい。悩める主人公を時に導き、寄り添い、後押しするお茶という存在、お茶を習う人が増えたなんて話を聞くと、この映画の存在を思い出してしまいました。

日日是好日
7

「頑張りすぎてしまう」「日々がパターン化して面白くない」といった方にオススメです。

この映画を鑑賞して、季節の移り変わりやお茶菓子の模様、柄杓でお湯を汲む音など、ちょっとした出来事に目を向けることで、日々が楽しくなることに気づきます。
私も主人公と同じように、ついつい感じ取ることを忘れてしまい、身の回りで起こることに対して頭で考え込んでしまいます。周りで起こる小さなことを感じ取るだけで、特別大きな行動を起こさなくても、毎日が良い日だと思えることをこの映画から学びました。今後の生活に生かしていきたいです。
茶道の先生が「教わろうと気を張らなくても、お茶を飲みに行こうと思えばいいのよ」と主人公に伝えているシーンが心にじーんときました。私も習い事をしていまして、習い事の時間はついつい学ぼうと気合いを入れて臨んでしまいます。茶道の先生の言葉は、そんな私の心をほぐしてくれる言葉でした。習得しようと思わなくても、通い続けることで自然と身についていくことをこの映画から学びました。「頑張りすぎてしまう」「日々がパターン化して面白くない」といった悩みを抱えている方に、この映画を鑑賞して欲しいです。きっと、この映画を鑑賞することで、特に自分に負荷をかけなくても、楽しく毎日を過ごすことができることに気づくと思います。