シュート!シリーズ

シュート!シリーズのレビュー・評価・感想

レビューを書く
シュート!シリーズ
10

リアルなプレイ!サッカー少年がマネをしたくなるマンガ。

まずシュートはシリーズ化しています。
1作品目は主人公、田中俊彦(通称トシ)が高校1年生のときの話で、2作品目がトシが中学生時代の話、3作品目が1作品目の翌年の話、4作品目がさらに翌年の話、シリーズを通してメインとなるのが、田中俊彦、平松和弘、白石健二の掛西中トリオ。この3人が、掛川高校の天才プレイヤー久保嘉晴と出会い、成長していく物語です。作品が長いのでおすすめの絶対マネをしたくなるプレーをご紹介します。ここからはネタバレになりますが、1作品目の途中で久保さんは病で亡くなってしまいます。試合中に亡くなってしまうのですが、亡くなる前最後のプレーが、「ゴールトゥゴール」これは味方のゴール前からドリブルで相手の11人を全て抜いてゴールを決めるというもの。実際のサッカー界では、元ACミランのジョージウェアという選手が過去にやっています。最後、キーパーをジャンプして抜くシーンはみんなマネしたくなるはずです!次に1作品目で全国選手権決勝で見せた、平松君の「ダブルヒールキック」ヒールキックをご存知の方はいるかと思いますが、足でボールを挟んで浮かし、相手DFの頭上を越して抜かすというプレーです。平松君は決勝という舞台で相手にヒールキックを読まれ、とっさに1度浮かしたボールを逆足で蹴り上げタイミングをずらすというプレーをしたのです。これは実際に可能なプレーです。Jリーガーの松井大輔選手が実際にやっていました。その他にも様々なプレーがありますが、私が一番好きなのは、神谷篤司のいう久保さんとコンビを組んでいた掛川高校のキャプテンがみせた、5人にかこまれながらも約30秒ボールをキープしたのちに出したロングスルーパスです。これは実際、5人に囲まれたらどうしようもないと思うと思います。ですが、神谷というプレイヤーが放つオーラによって相手は近づけないのです。ボールを持ったら何かしてきそうな、まさにファンタジスタ、といった選手の最高のプレーは絶対マネしたくなるはずです。私もこれを見てからスルーパスのかっこよさに憧れて何度もチャレンジしてました!できるできないは別として、リアルに頑張ったらできそうなプレーが多くあるのが、このシュート!という作品です。かなり前に連載は終わっていますが、周りの人に、何かおすすめのサッカーマンガはないか?と聞かれたら、間違いなく薦める作品です。このマンガをみて育ったJリーガーもきっと多いはずです。