信長の忍び

信長の忍びのレビュー・評価・感想

レビューを書く
信長の忍び
9

わかりにくい歴史をギャグを入れてわかりやすく!

歴史の中で人気の戦国時代を4コマギャグ漫画にしています。
主人公は織田信長に仕えている忍びの千鳥です。

どのキャラクターも名前は有名な武将ばかりですが、何か1個面白いコンプレックスを持っています。織田信長はカリスマだけど甘党。豊臣秀吉は不死身だけど頭が足りない。明智光秀にいたってはツッコミ要員に扱われています。(デコも光っています)

ギャグマンガと言いながら歴史の史実にちゃんと基づいており、織田信長の歴史に出てくる桶狭間や稲葉山城、長篠の戦いで味方や敵がどのように倒されたかなど詳しく、そしてリアルに描かれております。
戦中出血のシーンが多々ありますが、バイオハザードなどのリアルなグロデスクシーンは無いです。

主人公の千鳥の話をすると、女の子で見た目小さいです。髪型はポニーテールです。史実には存在しません。忍びの里にいたころ、信長に溺れている所を助けてもらい、成長し信長に仕えることになります。
そんな千鳥ですが、戦場に出れば、最強で敵をバッサバッサと倒し、武将との一騎打ちも行い倒していきます。

そんなマンガです。面白いのでぜひ読んで下さい!