ピエロがお前を嘲笑う

ピエロがお前を嘲笑うのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ピエロがお前を嘲笑う
9

トリックと人

この映画は主人公が殺人現場にいるところを映したところから始まり、その出来事が起こるまでの経緯を事情聴取の形で語りながら物語は進んでいきます。主人公はベンヤミンというスーパーヒーローに憧れを持った少年なので、自分自身を”透明人間”だというほど影の薄い人間です。
そんなベンヤミンが好きな女の子に大学の試験問題を盗んで欲しいと言われ、その子のために行動するのですが、あっけなく捕まり、その奉仕活動をしていた時にマックスという一人の人間に出会います。ここがベンヤミンの人生の転機で、マックスに誘われたベンヤミンは他の仲間とCLAYというハッカー集団を結成します。このクレイという「名前はピエロがお前を嘲笑う」を英語に訳した頭文字です。
映画のタイトルにもなっているピエロがお前を嘲笑うですが、個人的には英語のタイトルの『WHO AM I』の方がかっこいいのになと思いました。
クレイの犯行動機は、ダークネット界でカリスマ的存在のMRXという人に自分たちを認めてもらうことでしたが、MRXにはなかなか認められず、その方法をめぐってグループ内で対立していきます。
この映画のすごいところはトリックが所々に散りばめられているところとカメラワークで、最高の106分を過ごせます。