麗しのサブリナ

麗しのサブリナのレビュー・評価・感想

レビューを書く
麗しのサブリナ
10

女性の憧れ

大富豪ララビー財閥のお付きの運転手の娘であるサブリナ(オードリー・ヘップバーン)は大富豪のお坊ちゃまデイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋をするが、見向きもしてもらえない。サブリナは父親の勧めもあり、パリの料理学校へと留学する。おしゃれな街パリにいったサブリナは料理だけならず、教養、立ち振る舞い、メイク、ファッションを洗練させて帰ってくる。デイヴィッドはそんなサブリナを見直し惚れ直すが、デイヴィッドの怪我のアクシデントから兄のライナス(ハンフリー・ボガード)がデートの相手をすることに。最初は仕方なく弟のデイヴィッドの代わりにサブリナとデートをするライナスだったが、いつしかサブリナのことを好きになってしまう。
BGMがとても素晴らしいのと、登場人物達の豪勢なパーティー衣装は、おしゃれの教科書としても使える。また、キャスト陣が豪華なのも見物。
一介の運転手の芋くさい娘がパリ仕込みのとびっきりのおしゃれな女性になって成長する姿は、思わず観ているものを魅了する。その大変身の様子は女性なら誰もの憧れそのもの。見れば見返すほど、味のある作品。コメディ要素があるので気構えずにみることができる。