ライオン・ガード

ライオン・ガードのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ライオン・ガード
8

動物だけが登場する作品の魅力

私にとってライオン・ガードやマイリトルポニーといった人間が出てこない作品には、それならではの魅力があるんです。なぜかというと、四足歩行である動物が言葉を話す物語は飽きずに最後まで見ることができますし、道具を使用する人間の作品に対して、動物の作品は道具を使わずにどうやって物事を成し遂げるといったわくわく感もあります。人間が登場する作品は種類が無く、見てもすぐに飽きてしまう可能性があります。それに対して動物の作品はいろいろな種類が登場するため、見ても飽きることがありません。
また、本来は食うか食われるかの関係にある肉食動物と草食動物が仲良くやっているという点も見所の一つです。以上のような理由から私にとって人間が出てこない作品には、それなりの魅力があるんです。また、人間が登場する作品が非常に多く制作されているのに対し、動物だけの作品は制作数が少ないです。特に近年ではほとんど制作されていません。さらに日本のアニメは人間が登場する作品がほとんどであり、日本における動物だけの作品の制作はほぼ無いといってもいいでしょう。それに対してアメリカはディズニーやハズブロといったアニメ制作会社で少なからず動物だけの作品を制作しています。