ニセコイ / Nisekoi: False Love

ニセコイ / Nisekoi: False Loveのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ニセコイ / Nisekoi: False Love
7

タイトルなし

映画「ニセコイ」は映画館で観ました。全体的に面白い映画でした。キュンキュン要素はあまりなかったです。でも最後の場面にはキュンとしました。

「ニセコイ」は、週刊少年ジャンプに最長連載されているマンガです。
主人公の男の子、一条楽は勉強一筋の真面目男子で、幼少期に女の子からもらったペンダントを大切にしています。実はヤクザ組の息子。後々楽の彼女になる桐崎千棘は金髪のケンカっぱやい女の子で、不本意に楽の彼女にさせられます。2人のクラスメイトの女の子、小野寺小咲は楽に片思いをしていますが、楽も小咲のことが好きなのにまったく気づいていません。楽が幼少期に女の子からもらったペンダントは小咲のものでした。楽と千棘はひょんなことから「ニセモノの恋人同士」になります。ニセモノの恋人同士だとバレないように恋人ぽいことをしますが、千棘のことを激愛しているクロードに危うくバレそうになってしまいますが、ギリギリ回避します。最初は楽とニセモノの恋人同士になるのが嫌な千棘でしたが、だんだんと楽の優しさを知り、嫌から楽しい、嫌いから好きへと変わっていくのでした。果たして2人の「ニセのコイ」は「本当の恋へと変わっていくのでしょうか?!

ニセコイ / Nisekoi: False Love
10

笑いが止まらない

ニセコイ自体みるのが初めてで友達に誘われて、それに着いていくみたいな感覚だったのですが、映画が始まって終わるまでとにかく笑いがとまらなかったです。しかも出演しているのが豪華俳優陣ばかりで、中島健人さん、中条あやみさん、岸優太さん、島崎遥香さんなどいました。

一条楽は日本のヤクザ一門の息子で、桐崎千棘は西洋のヤクザ一門の娘で2つの軍が喧嘩をしないようにするために恋人になってほしいと親に頼まれ、仕方なく恋人を偽っている。なのに、最後にはニセコイとかでなく本物の恋になってしまうんです。なんてロマンティックなストーリー。私もいつかこんな恋をしてみたいものです。でも物語もこんなスムーズにいくはずもなく、途中にライバルが出現したり、一条楽のもってるペンダントの片割れをもってる子がいたりなど。ほんとになにが起きるか分からないのではらはらどきどきします。
個人的には島崎遥香さんのキャラが好きでした。なんか、はっちゃけてる感がすごくて観ててこの方は恥を知らないのかなってくらいに元気で一条楽にもベッタリで。実際に学校にいたら女子から変な目で見られますけど、映画のなかだし島崎遥香さんが演じているのでぜんぶゆるせちゃいます。とにかくニセコイは面白いのでほんとにオススメします。

ニセコイ / Nisekoi: False Love
4

原作は読んだ人は、好きじゃないと思う作品。

約2時間で話はうまくまとまっているなーと思いました。
原作を読んでいないので、キャストに対しての不満なども特に感じることなく見ることができました。
原作を読んでいないけれど、色がついている俳優の芝居は難しいなぁと思いました。
主役の中島健人さんはやはりジャニーズ。彼が人気がある理由がわかりますが、演技をしてもSexy Zoneの中島健人さんでそのイメージは覆せませんでした。しかし、デートの私服姿とロミオを演じている時の衣装は彼の良さを引き立てていたと思います。
中条あやみさんは制服姿でのスタイルの良さは言うことなし。可愛いし、コミカルな演技も良かったです。でも中条あやみのイメージが強すぎて桐崎千棘にはなりきれてなかった。
演技として良かったのは小野寺小咲役の池間夏海。おとなしいけど、芯が強く可愛いらしい人物を演じきっていたと思います。
漫画や小説などから映画化はもはや主流ですが、ここですでに知名度が高く、アイドル的な人を起用するのももはや当たり前の流れ。
しかし、こういった原作があるキャラクターを配役で選ぶ際にはしっかりとオーディションで選ぶべき。人気頼りにするのでなく、そのキャラクターになりきれるかどうかが重要だと思います。
原作を読んだ人たちにはアニメ化もされているし、そのキャラクターのイメージがすでにあると思います。そういった方は多分楽しめない作品でしょう。
日本の映画が海外映画と戦えない理由はハッキリしてます。
配役です。今回のキャストはみんな魅力あるし素敵な人だけれども、ニセコイの役にはハマってなかった。
この映画は中島健人さん、中条あやみさんが好きな人が見るものです。ファンの方は彼らの顔を見て満足してください。
一年も経ったらファン以外には残念ながら忘れ去られてしまうでしょう。
キャストそもそもの人気ではなく、作品の内容で勝負する映画が出てこなければ、日本の映画の客離れはますます進むと思います。

ニセコイ / Nisekoi: False Love
10

お色気に頼らない純愛王道ラブコメ

ニセコイは少年誌では珍しく、ラブコメですがほとんどお色気シーンがありません(たまにサービスショットはありますが)。なので純粋に恋愛を楽しめるマンガです。
主人公の一条楽と、ヒロインの桐崎千棘が、訳あって偽物の恋人になります。最初はいがみ合っている2人がだんだんお互いに惹かれあって「これは恋なのか」と思い始める様子はとてもキュンキュンします。この2人の恋愛もいいですが、楽のことを好きなヒロインが他に5人ほどいるのが面白いです。しかも楽はそのうちの1人、小野寺小咲ちゃんが好きで、実は両思いなのにお互いに何も出来ないヘタレ具合が見ててもどかしいですが、青春を感じさせます。
ニセコイで素晴らしいと思うのは顔芸です。この顔芸というのは表情が豊かであるということです。赤面するシーンは多々ありますがひとつひとつ表情が違いますし、とても可愛いです。ものによっては絵の感じがまったく違っていたりしておもしろいです。ヒロインたちの表情を見て楽しむのもいいと思います。
舞台が高校なだけあって、文化祭や林間学校などまさに青春って感じのシーンが沢山あります。見てるとこっちが恥ずかしくなってくるようなシチュエーションだったりめちゃくちゃ羨ましいシチュエーションがたくさん出てきます。ずっとキュンキュンしながら見れると作品だと思います。