名探偵コナン / Detective Conan / Case Closed

名探偵コナン / Detective Conan / Case Closedのレビュー・評価・感想

レビューを書く
名探偵コナン / Detective Conan / Case Closed
10

主人公は江戸川コナンだけじゃない、推しはそれぞれ楽しめる!

「小さくなっても頭脳は同じ、迷宮なしの名探偵」のフレーズでおなじみの江戸川コナンを主人公とした、少年漫画。1994年の連載開始以来、漫画、アニメ、そして劇場版作品とどれもがメガヒットしている大人気作品です。
本作の魅力は、何と言ってもキャラクターの多さとそれぞれのストーリー。コナン(工藤新一)と毛利蘭、少年探偵団など初期から登場しているキャラクターはもちろんのこと、劇場版作品で話題になったトリプルフェイスの安室透や赤井秀一など、「名探偵コナン」に登場しているキャラクターは大勢います。彼ら1人1人の持っているストーリーと物語が密接に関係しているのです。
例えば、安室透は、トリプルフェイスを持つ男です。普段は、喫茶ポアロで働く青年・安室透として、そして時にはコナンくんの敵組織である黒の組織の情報収集能力に長けたバーボン、しかし本当の姿は、黒の組織を倒そうとしている警察警備局の公安、通称ゼロとして活動する降谷零でした。降谷には、警察学校の仲間がおり、しかし彼らは全員殉職しているという悲しい過去があります。
ストーリーのメインは、あくまでコナンが自分の体を小さくした黒の組織に敵対し、組織を追っかけていく話ですが、「名探偵コナン」はそれだけじゃない、面白さがあり、読者それぞれが楽しめる要素が色々な所に散らばっている作品です。

名探偵コナン / Detective Conan / Case Closed
7

謎が謎を呼び、この次の展開が気になるアニメ!

20年程続いている漫画ですが、ここ最近になって主人公の宿敵、黒の組織の謎が明かされてきているのでより面白くなってきている漫画です。

大人の探偵顔負けの高校生探偵の工藤新一が主人公です。
工藤新一は高校生ながらシャーロックホームズが特に好きなこともあり、推理の力が抜群でその名を日本中に轟かせている名探偵でした。
ある事件がきっかけで、怪しい黒ずくめの組織の一員にアポトキシンという毒薬を飲まされ、小学生の身体になってしまいます。
急に高校生から小学生の身体になってしまったため、その事実を隠そうと知り合いの阿笠博士の力を借りて、事実小学生江戸川コナンを演じることになります。
新一に劇薬を呑ませた黒ずくめの組織の一員、「ジン」は新一は薬を飲んだことで死んでしまったと思っているので、生きていることを隠しながら新一が黒ずくめの組織の謎を解き明かし、高校生の身体を取り戻そうとするやり取りは、凄くスリリングです!

そのスリリングさに加え、少し前から、赤井秀一、安室零、FBI、日本の公安、世良まさみ、黒田管理官、副担任のルミ先生、黒ずくめの組織のナンバー2、ラムの存在など、仲間なのか?本当の敵なのか?悩まされるような人たちが沢山出てきます。
その人々を怪しみながら、黒ずくめの組織の謎を考察していくと楽しみが増える漫画だと思います!!

名探偵コナン / Detective Conan / Case Closed
3

小五郎の首についてはノータッチなのか

ご存じ超有名大人気漫画『名探偵コナン』は、連載開始から20年以上経ってなおpixivの検索ランキングで一位を取るほどの人気である。昨今の安室人気は、目を見張るを超えて、恐ろしいものがあり、確かに私も初めて安室を見た時は「こんな女性に受けそうなキャラデザ今更よく作れるな」などと(世良の時も思ったが)思ったものだが、まさか、ここまでとはな。
序盤の面白さは誰が見てもという感じなので良いとして、65巻を過ぎたあたりからデジタルに移行したせいなのか、青山氏の手の問題なのか、アニメに寄せているのか、キャラの顔が横にびょーんと伸びてしまっている。それがちょっと気持ち悪い。トーンもデジタルになってからどうも目がチカチカしてしまっており、何か問題があるように感じる。ミステリー自体の内容も深いものがなくなって、流行りのものを生かしたギミック的なトリックを工夫しているだけであり、脳の中から降りてきたアイディアというものはもう無さそうであり、長らく衰えを知らなかった超大作に衰えの陰りが見え始めている。最後の犯人の台詞の「オチ」も、かなりつまらなくなっていて、昔のようなテーマ性や、伏線を回収するようなものや、詩的なものはなくなってしまった。キャラの造形も、昔と比べて一辺倒で、何かルールのようなものが出来上がってしまっていて見ていて飽きてくる。「名探偵図鑑」も、昔はちゃんとリアルな絵を描いていたのに、今は手近な流行りの探偵を青山風に描いているだけで、誰でも知っている探偵ばかりだ。線も太く、雑になっているのは否めない。とは言え最後、「アポトキシン4869」の効能や、「あの方」の目的は引き続き気になる。「あの方」の正体も分かったことだし、いよいよクライマックス! この名作の終わりをみなで見届けよう。

名探偵コナン / Detective Conan / Case Closed
10

子供から大人まで楽しめる漫画。

云わずと知れた国民的漫画です。黒づくめの男から謎の薬で幼児化された高校生探偵。元に戻るべく、幼馴染みの父親を名探偵に仕立てながら、組織に迫る、といった作品です。要するに「殺人ラブコメ漫画」です。

私はこの作品を小学生の頃から読んでいますが、今だ夜中に読むのは抵抗があります。というのも、殺された被害者がちょっぴり怖いです。銃殺・毒殺・撲殺など、流血シーンなどかあり、被害者の悲痛な顔は背中がゾクゾクします。

推理しながら読むと楽しいです。コナンくんの吹き出しが「……」だと何かしらのヒントがそこにあります。他の人物が会話している時のコナンくんの目線も要注目です。何か証拠となる物を発見していたりします。

基本は殺人や強盗など事件が中心です。ここだけでも面白いのですが、なんと云ってもラブコメです。少年漫画なのですが、少女漫画のような甘酸っぱい恋愛模様がたくさんあります。高校生のCPもあるのですが、「警視庁恋物語」という枠があって、刑事さん達の甘い甘い恋物語が楽しめます。

少年漫画なのでちょっぴりお色気なシーンもあります。蘭ちゃんは比較的膝上のスカートや短パンなどをはいているので、綺麗なおみ足を拝める事が出来ます。初期では蘭ちゃんとコナンくんの入浴シーンがあり、コナンくんが鼻血を出す場面も。

私自身、小学生の頃から今のアラサーまで読み続けているので、広い世代で楽しめる漫画だと思います。

名探偵コナン / Detective Conan / Case Closed
8

ボス、ラムって、、、

名探偵コナンが連載を開始して大分経つが、一体いつになったら敵の黒幕正体がわかるのか。黒幕がわかったとしてもすぐ終わるわけでもないし、結局ジンですら、逮捕に近づいたらことすらない。FBIやCISなど、世界的にすごい組織が動いても、黒の組織はやっかい。まぁボスに関しては、まだいいにして、そろそろナンバー2であるRAMの正体は明かしてもいいのではないだろうか。
自分の知り合いにも名探偵コナンファンはものすごい多いのが事実。だけどみんなが黒の組織が絡んだ事件、真相に興味を持っていて、普通の事件にはそこまで興味なし。そういったところでしか、会話も成立しないし、作者の青山さんが少しサボっているというか、先のビジョンが曖昧なのではないだろうか。
かのスラムダンクではないが、長く連載すればいいってものでもない。もちろん早く終わりがきて欲しいわけではないが、終わりに直結する話の進行期待したい。なんでもない普通の事件少なめで、どんどん黒の組織と接触してほしい。
そしてこれだけ引っ張ってるんだから、ボスの正体がコナンファンに良い意味で裏切ってくれる衝撃に期待したい。私の予想はちなみに、怪盗キッドのお父さんが黒幕。RAMがお母さん。