UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROADのレビュー・評価・感想

レビューを書く
UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

同性からも支持される熱いメッセージを届けるバンド

滋賀県出身の6人組バンドUVERworldは、ボーカルTAKUYA∞の熱く、真っ直ぐなメッセージを歌詞にして届けるバンドです。メンバー一人一人がそれぞれの楽器のアレンジを考え、1つの曲を作り上げています。ライブを第一に考えていて、そのための曲作りをしています。ライブ会場ではファンとの一体感がとても魅力のひとつです。メンバーも常によいライブにしようと体力作りのために、マラソンを日課としています。雨の日も調子が悪い日でも毎日走っている所や、カフェインを摂取しない、喫煙、飲酒をしないととてもストイックで真剣に音楽と向き合っています。
真剣に向き合っているからこそ、ライブでのMCはとても心に響きます。ファンの中にはMCを聞き、涙を流している人や目標に向かって前を向く人が居ます。男祭り、女祭りなど、性別ごとのライブも開催されます。最初は小さなライブハウスからスタートした男祭りですが、さいたまスーパーアリーナで開催されるまでに成長しました。またメンバーの誕生日には「生誕祭」という形で全国にてライブが開催されます。その生誕祭ライブでは主役のメンバーがセットリストを考えて、普段聞けない昔の曲だったり、ファンの要望があればその曲をリストに入れて演奏してくれるのでチケットはかなりの倍率になります。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
9

UVERworldの魅力

滋賀県出身の6人組のロックバンドで、アニソンをよく歌っているバンドです。ジャンルで言えば、ミクスチャーロックになるかと思います。曲の中にラップを取り入れたり、ヴォーカルの人は色んな歌声が出せるところが特徴です。メンバーにサックスを吹く人がいるのも、他のバンドとは違う魅力だと思います。また、曲調が幅広く、聴いてて飽きないです。関西出身なので喋りが上手く、ライブのMCでは熱いトークとともに、面白いトークも飛び出すので、初心者でも充分楽しめると思います。歌詞はメッセージ性があるものが多く、時にはライブで生で聴いた時に涙するお客さんもいます。テレビ番組等のトークでは緩い感じなのですが、曲がかっこよくて、そこのギャップもまたいいです。バラードやロックな感じの曲、はたまた面白い曲まであるので、1度好きになるとどんどん好きになっていくと思います。特におすすめのアルバムは「Awake」です。アルバムの中でも特に人気のアルバムで、まさしく色んな曲調の曲が入っています。曲ももちろんいいのですが、PVも中々かっこいいものが多いです。本当におすすめなので、ぜひ聴いてみてください!

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

生き方を魅せる

僕の大好きなUVERworldを紹介したいと思います。
UVERworldの魅力はまずは、曲の独創的な発想です。
UVERworldの曲は他のアーティストにはない、独自の音楽、曲の構成が人気の一つです。ボーカル、ギター2人、ベース、ドラム、そしてサックスという普通のバンド構成ではありません。サックスが入ることによって、バンドサウンドをより、オシャレに魅せることができます。他にも曲に大太鼓、アップライトベース、リコーダー、全員でパーカッションなどの普通のバンドではやらないようなことをどんどん挑戦していっています。そしてそれがかっこいい!最新の曲では曲の音源中にMCを入れるという新しいことをしていました。
そして、なんといっても1番の魅力は、UVERworldメンバーのストイックさ、ボーカルTAKUYA∞のストイックさです。ほとんどのファンはこの人間性に惹かれてる人が多いです。ボーカルのTAKUYA∞は臭いセリフをバンバンライブ中に放ちます。でもそれが本気で言ってるし、有言実行してるからこそファンはついてきます。また、TAKUYA∞は数年前から毎日10キロ走っています。雨の日も風の日も寒かろうと10キロ走り続けています。UVERworldのライブがもっと良くなるように、ファンが離れないように祈りながら走っているそうです。ただ夢のためにひたすら走り続けているTAKUYA∞やUVERworldメンバーの熱さは日本一暑いバンドといっても過言ではありません。実際男祭りという男性限定ライブで23000人の集客で日本一になりました。男性からの指示も圧倒的に多いUVERworldは僕の1番のオススメです。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

UVERworld は最高のロックバンド

UVERworldは2005年メジャーデビューの人気ロックバンド。数々のアニメ、ドラマ主題歌のタイアップを中心に活躍の場を増やしてきたが、なんといってもライブが圧巻。ボーカルTAKUYAの熱いMCは女性だけでなく男性の心をも打つ内容で、近年男性ファンが増えており、毎年男性限定ライブ(通称男祭り)が開催されている。
2018年12月21日にはTAKUYA生誕祭と名付けて一日2回公演というアーティスト史上前代未聞のチャレンジを行った。昼には横浜アリーナで男祭り、夜には日本武道館で女祭りと前人未到の伝説を残している。また、ボーカルのTAKUYAの安定した高い声、バンドの中では異質なサックスもはいっており、一味違う音楽を楽しめることは間違いないだろう。
ファンの中でも有名なのはTAKUYAは毎日10kmランニングすることが日々習慣化されており、それがライブの日であろうと、年末年始であろうと欠かしていないみたいだが、当然ファンとも出会うわけだがそのときに写真を撮れるのはTAKUYAとともに走ってついてこれる者のみだそう。毎日10km走ってるのだからなかなかの体力と速さがないとついていけない。そんな強靭な体力を持ったバンド、UVERworld。是非聞いていただきたい。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
8

人生の道しるべ

UVERworldに出会ってから、私の人生は180度変わったといえる自信があります。そのくらい私にとってはとても大切な存在です。
UVERworldは本当に生き様がかっこいいミュージシャンだと思います。うわべだけの言葉や姿ではなく、すべてが本気のグループです。UVERworldのライブを見ただけで、すぐにUVERworldのかっこよさがわかると思います。なぜなら、どんなときでも本気だからです。
また、なにより、誰になにを言われたとしても、自分たちがやりたいことをやり続け、またやりたいことと向き合うという姿は本当に尊敬することができる点だと思います。なぜなら、今現在会社の言われるがままにやり、失敗することを恐れて、いわゆる普通の一般の道を選ぶ傾向にあると思います。それは、学校に通って、なんとなく就職をして、やりたいことはあるけどやる勇気がないという人たちはたくさんいると思います。たった一度きりの人生だから、向き不向きとかではなく自分がやりたいことをやっていこうぜという夢を与えてくれるバンドグループです。
また、自分が絶対に離したくないとおもうことができる大切なものを持とうということを教えてもいただきました。大切なもがあるだけで、どんなに苦しくても人生が輝くと。UVERwolrdは本当に私の持っていない新しい感性を教えてくれる、これからの人生の道しるべとなるバンドグループだと思います。とてもおすすめです。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

常に進化を求めるロックバンド

UVERworldは滋賀県出身の6人組ロックバンドである。
2000年にUVERworldの前身となる「SOUND極ROAD」を結成。ボーカルが一人脱退し、2003年に「UVERworld」に改名した。
2005年には1stシングル「D-tecnolife」でメジャーデビューを果たした。数々の楽曲がドラマやアニメのタイアップ曲に選ばれ、着々と人気を集めていき、2008年にはデビュー前からの目標であった日本武道館での単独ライブを成功させ、2010年には東京ドームにてワンマンライブを成功させた。

UVERworldの最大の魅力といえば、参戦した誰しもが盛り上がるライブパフォーマンスである。女限定ライブの「女祭り」や、男限定の「男祭り」などがファンの間では有名なライブイベントであり、毎年着々と参加人数を増やしている。
もう一つの魅力といえばvo.TAKUYA∞の、ライブでの熱いMCや歌詞に込められたメッセージなどである。はたから聞くとすごく青臭いセリフがTAKUYA∞の熱い思いによって聞くものすべてに胸の奥に突き刺さり感動、決意、前に進む気持ちなど様々な感情にさせてくれる。
常に新しい音楽を追い続けて自分たちの思いを聞くものすべてに伝えようとするUVERworldには勇気付けられ、また頑張ろうと思わせてくれる。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

タイトルなし

滋賀県出身6人組ロックバンドです。メンバーはボーカルのTAKUYA∞、ギター兼リーダーの克哉、ベースの信人、サックスの誠果、ギターの彰、ドラムの真太郎です。
幼馴染のメンバーがほとんどで、とても仲が良い印象を受けます。バンド名の意味は自分たちの世界をも越えるとなっており常に進化していくバンド、そういう印象を受けます。
ファンは「Crew」と呼ばれていて、ライブ会場でも交流があったりととても楽しいです。
そしてLIVEがとにかくアツいです。会場全員が一体となって盛り上がる様は、ライブ映像を見ただけでは味わえないものがあると思います。またメンバーのTAKUYA∞や真太郎のトークもとても面白くただアツいだけじゃなく適度に笑いもある、でもほんとに伝えたいことは真剣に、という姿勢がとても良いと思います。また、特徴的だと思うのが男祭り、女祭りという珍しいスタイルでのライブもあるという点です。私は行ったことはありませんが同性がほとんどというライブもとても盛り上がりそうで行ってみたいと思っています。また、僕のヒーローアカデミアや機動戦士ガンダムOO等でOPや主題歌も歌っていてアニソンからも入れるバンドです。是非聴いてみてください。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

LIVEでしか味わえない感動!

UVERworldはあまりテレビにでないロックミュージシャン。LIVEやフェスを中心に活動しています。ボーカルのMCで話す言葉1つ1つが、ファンや初めてLIVEにくる方の心に響く言葉があります。1つ1つのLIVEを大切にし、同じ言葉で想いを伝えないので、何回行っても心に響き泣いてしまうお客様は多数。彼等の曲での歌詞にも、その言葉や、その時の想いが詰まっています。
UVERworldは、ファンをはじめ、スタッフ、UVERworldに関わる全ての人々、1番は仲間同士の結束力が高いバンドです。それが1人1人に伝わり、今では男女共にファンを増やしていっています。それが分かるのがLIVEです。いつも対等な立場で、言葉で伝えてくれます。
そんなUVERworldのLIVEのチケットの倍率はすごく高いです。それだけファンから圧倒的な支持を受けていると感じとれます。彼等は今でも色々な都道府県での小さなホールでもLIVEをし、初心の心を忘れずに活動しています。LIVEでは生誕祭を主に大切にし、メンバー同士の誕生日を祝いそれをLIVEで表してます。何年経ってもファンの事を1番に想い、感動を与えてくれるバンドです。これからもそれは変わらないことでしょう。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

諦めない心を教えてくれる

UVERworldは滋賀県出身の6人バンドで、メンバーが地元が同じの同級生・後輩であり、とても仲が良いところも魅力的です。
UVERworld歌詞は本当にストレートです。「Just break the limit」という曲は、ボーカルのTAKUYA∞自身が歌手としては目指し始めたのが遅かったものの、諦めなければ夢は叶うと歌われている曲です。その他の曲も、自分自身に自信を持て、自分に負けるな、夢は叶う等、勇気付けてくれる曲が多いです。とても前向きになれます。恋愛ものでは、「THE OVER」という曲で、年をとり日が経って言葉さえ失っても、心で対話して変わらず思い続けていくよというような歌詞があります。好きな相手にそう思っていて欲しいな、そのままの言葉で伝えて欲しいなと思う歌詞がとてもあり、心に響きます。
そして、ライブは圧巻です。TAKUYA∞は歌に全力をかけていて、とてもストイックな生活をしています。それをライブの時にすべて出してくれて、メッセージや熱い歌で、自分達を鼓舞してくれて、悩んでいるなら行動しろ、後悔するなと思わせてくれます。バンドの一体感、熱い演奏を聴けば、伝わるものがあると思います。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
9

ドームへの軌跡

インディーズから始まったUVERworldというバンドですが、このバンドは小さなライブスタジオでわずか数名という客数しか呼べない時から口にしていた言葉があります。「俺たちの夢は東京ドームに行くことだ」と。そこに来ていた音楽関係者はこぞって笑ったそうです。おまえたちになんか無理だ、と。それを言われたvocalのTAKUYA∞はその悔しさを押し殺すかのように成長していきました。やがてその無理だと笑われた夢は届くところまで来ました。そんな時もライブの度に「東京ドームでライブするのが夢だ」と毎回のように言うのです。何故毎回のようにこの言葉を口にするのかと言うと、本人は「口にも出せない夢は叶わない」、「口にも出して言えない夢は夢なんかじゃない」と言っていました。自分もこのバンドと出会った時に陸上選手になりたいと言う夢を持っていました。だからこのUVERworldと出会った時、衝撃のようなものを受けました。自分も陸上選手になりたいから口に出してみんなに陸上選手になりたいんだ!と話していました。ですがTAKUYA∞のように「おまえじゃ無理だ」と鼻で笑われた時の悔しさは今でも強く覚えています、そんなTAKUYA∞がとうとう東京ドームでライブするという夢を2014年に叶えたそうです。「あの時のバカにしてくれた奴ら見てるか?俺はここまで勝ち上がって来たぞ」という名MCはUVERworldについてきたcrewとしてはもう感無量でした。このドームに立つ夢までの軌跡をまるで一緒に叶えるかのようなストーリーがUVERworldの魅力であり、口々にする夢の本気さに気づかされる歌詞に私は非常に魅力があると思っているので是非聞いてみてください

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

UVERworldの素晴らしさについて。

曲がとても素晴らしく、元気を与えてくれます。
歌詞には「全部やって確かめりゃいいだろう」などのフレーズが入っていて、努力することや,
一生懸命取り組むことの大切さ、行動を起こすことのかっこよさ、信念を持って生きることがどれだけかっこよく、素晴らしいかということを教えてくれます。
また、LIVEのMCは、悩みなどを全て吹き飛ばしてくれるような力を持っていて、私が受験や交友関係などで悩んでいた時も、ボーカルのTAKUYA∞の言葉にとても励まされ頑張ろうと思いました。また、バンド構成にサックスがあり、他のバンドでは聞けないようなソロやおしゃれな始まりでとても盛り上がります。

ボーカルのTAKUYA∞はとても自分にストイックで、その人の放つ言葉だからこそ説得力があり、とても尊敬しています。メッセージを伝える曲だけでなく、ラップ調の少しふざけた曲や下ネタ混じりのMCなどもあり、ライブに行くと泣き笑い、とても盛り上がります。そしてなによりファンとメンバーの一体感がとても強く、ステージにファンを上げてバラードを歌ったり、盛り上がりすぎて体調不良になってしまったファン同士が助け合ったりと、会場全員で良いライブを作ろうという意識が強く感じられます。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
8

直球勝負の歌詞がすごい

UVERworldの歌詞はボーカルのTAKUYAさんがすべて書いていて、どの歌詞も聞く人の心に突き刺さってくるような、聞いていてドキッとすることが多々あります。オブラートに包まない、本当に熱い言葉を投げかけながら歌っている、そんなバンドです。
七日目の決意という曲では、どんなつらいことがあって死にたくなるぐらい悲しい時でも、どんな小さな夢でも持っていれば少し強くなれる、と歌っています。
ほんの少しという曲では、愛する人に向けて、自分はあなたより少し強いから自分より後に死なないでと言っています。愛する人に大切な人を失う悲しみを味あわせたくない、僕は強くなってあなたの最期を看取るから、でも「ほんの少しでも長く生きてね」という言葉には涙があふれました。
誰もが持っている漠然とした不安に対して、この人はとことん立ち向かっていくのだなと思います。またそんな歌詞に私も勇気をもらえるような気がします。私はTAKUYAさんと年が近く、年齢とともに感じる悩みも似ているので新曲が出るたびに歌詞をチェックするのですが、毎曲ごとに一つずつ悩みや不安に対してアドバイスをもらっているように感じます。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

カッコよさの極みバンド

UVERworld大好きです。
私はロックバンドが好きで、沢山のライブやフェスに参加しているのですが、UVERだけは別格です。ファンクラブに唯一入っているバンドです。きっかけは、京セラドームでの初ライブでした。赤い衣装に身を包んでGOLDのドラム音が鳴り響く会場…全てが完璧でした。UVERのかっこよさは、CD、DVD、ブログやSNSでも十分伝わりますが、やっぱり1番伝わるのは生のライブ。生のライブがかっこいいバンドは正真正銘のバンドだと思っています。初めてライブに行った時から5年が経ちましたが、今でもライブにはガンガンいってるし、ライブに行くために入っているファンクラブでもあります。
私が好きなのはボーカルのTAKUYA∞さん。ストイックな方です。例えば毎日10キロのランニングを行っていたり、お酒は年に数回しか飲まなかったり、カフェインは控えるようにしている。これは全てライブで最高のパフォーマンスをするためにおこなっていること…。どれだけかっこいいんや…すべて尊敬します。そんなかっこいい彼を真似して、かっこいい生き方をしようとする人も少なくないと思います。人の人生を変えてくれるようなバンドだと思います。

UVERworld / ウーバーワールド / SOUND極ROAD
10

大文字+小文字のあのバンド!

POWER PLAY所属のUVERworldについてご紹介します!
少年ジャンプ作品のアニメ主題歌を担当することが多く、メジャーデビューは2005年。「BLEACH」OPテーマ「D-tecnoLife」でした。最近は「劇場版銀魂」「青の祓魔師」などにも楽曲を提供していますよね。かつて「土6」と呼ばれたアニメの黄金時間帯に放映された「BLOOD+」「地球へ…」などのOPテーマも担当し、大物アニメ作品を盛り上げている滋賀県発のバンドです。
メンバーはボーカルのTAKUYA∞、ギター担当の克哉、ベース担当の信人、ギター、コーラス、プログラミング担当の彰、ドラム担当の真太郎、そしてメジャーデビューの際に外されてしまったものの、インディーズ時代のマニピュレーション、サクソフォン、コーラスを支え2014年に再加入、メンバーの一人としてとして重んじられている誠果です。
上述のようにアニメ主題歌で有名なUVERですが、「君の好きなうた」などの優しいラブソングや夢へ向かって努力する「Just break the limit!」、グループや個人の成長・体験談を綴った「オトノハ」など多彩なベクトルの曲をリリース。筆者のおすすめは人間にとって忘却って何だろう?と問いかける「forget」です!
UVERファンは船の乗船員を意味する「crew(クルー)」と呼ばれます。男性限定ライブも行う門戸の広いバンドです。
是非、彼らの織り成す唯一無二の世界を体感してみてくださいね!