ダンボ

ダンボのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ダンボ
8

ティムの原作リスペクト

原作のダンボファンにもオススメ!
アリス・イン・ワンダーランドやチャーリーとチョコレート工場でお馴染みのティム・バートン監督の作品ですが、かなり見やすく、また崩しすぎない程よい原作リスペクトが心地よく、ディズニー映画らしい作品となっています。
よく彼の作品をご覧になる方はご存知かと思いますが、芸術家気質なのでかなり摩訶不思議で愉快痛快な表現や演出が多いのです。しかし、今回はそういったティム・バートンらしさは少し抑えめの作品に仕上がっていました。そういった意味では、ティム・バートン作品を観に行かれた方にとっては、ちょっと物足りないかもしれません。ただ、アニメのダンボが好きな私としては、ティム・バートン監督作品とあって、かなり原作を崩されるものと身構えていただけあって嬉しい誤算です。とはいえ、もう少しティム・バートン監督らしい、強烈なメッセージ性みたいのはあるとなお良かったかなと思います。もう少し皮肉の効いた脚本でもよかったかなと。なんだかんだ、アニメのあの雰囲気も好きですからね。人間に対する皮肉みたいな。まあ、それは個人的な好みの問題ですがね。
アニメ版ダンボの続編を見るような気持ちで見ていただくと、ちょうどいいかもしれません。また、やはりディズニー作品らしく、ファンタジー世界のセットの作り込みや衣装の作り込みも素晴らしく、じっくり見ていたくなってしまう、クオリティの高い作品です。