BLEACH / ブリーチ

BLEACH / ブリーチのレビュー・評価・感想

レビューを書く
BLEACH / ブリーチ
10

アクションシーンもキャラクターも最高にかっこいい!

幽霊が見える以外普通の男子高校生が、死神としての特殊能力をもらい、家族や仲間、大切な人たちのために戦うアニメです。
死神、というとホラー的だったり、命を奪う側を想像してしまいますが、この作品は死神が成仏出来ずにこの世に留まっている幽霊たちを救うという、変わった死神なんです。それだけでも面白い設定ですが、それぞれの死神に特別な得意技や能力があり、持っているのも鎌ではなく刀、身にまとう衣装も黒マントではなく黒の着物というまさにザ・日本的な格好良さがあります。
キャラクターの持っている技や能力も、個性的でそれぞれの性格にあった技で、惹き込まれるアクションシーン満載です。また、ただたんに幽霊を救うだけでなく、色々な敵と戦ううえで、戦うべき大きな敵が各章ごとに異なっており、それぞれが楽しめる内容になっています。
主人公の悲しい過去や、他のキャラクターの悲しい過去や辛い過去も徐々に明らかにされていくので、アクションだけという事もなく、それぞれの心の葛藤も見られ、人間関係も練り込まれた本当に傑作だと思います。特におすすめなのは、主人公が死神としての力を失った後再び力を取り戻すべき奮闘し、最後には他の死神たちが主人公に力を取り戻させるべく協力してくれるところです。今まで敵対することもあった彼らが協力してくれる、信頼関係が垣間見えて本当に胸が熱くなりました!是非全編見てほしいです。

BLEACH / ブリーチ
10

熱くなれる作品です!

この物語は高校生・黒崎一護が、ある事件をきっかけに死神になり、仲間とともに強敵に立ち向かう物語です。
おすすめは死神代行消失編です。黒崎一護が死神の力を失い、その失った力を取り戻すためエクスキューションメンバーと協力し、徐々に力を取り戻していくストーリーです。
エクスキューションメンバーは、銀城空吾、ジャッキー、月島秀九朗、雪緒、沓澤ギリコ、毒ヶ峰リルカ、獅子河原萌笑がいるのですが、実はエクスキューションメンバー全員が黒幕で一護の能力を奪うために一護に協力したのです。そして見事に一護の能力を奪うことに成功し、一護は力を失ってしまいました。ですが護廷十三隊全員の霊圧を込めた刀を一護に刺し、一護は死神の力を取り戻しました。そして一護の力を得た銀城と、死神の力を取り戻した一護が対決し、見事に一護が勝利しました。この銀城と一護の戦いが僕が一番好きなシーンで、死神の力をとりもどした一護の形状がとてもかっこよくて、とても好きです。
エクスキューションメンバーは各々能力を持っており、銀城は持っている十字架が刀になる能力。ジャッキーはダーティブーツといい汚れるたびに威力が増す能力。雪緒は電脳空間に閉じ込める能力。リルカは自分の異空間を持っておりそこに閉じ込める能力。ギリコはパワーが増す能力。月島は相手の記憶に自分を挟み込む能力を持っています。各々個性的でどれも甲乙つけがたいですね。BLEACHはどのキャラも個性的な能力をもっておりどのキャラも魅力的です。

BLEACH / ブリーチ
2

劇場版『BLEACH』 予算配分を間違えた?

原作漫画が大好きだったので公開前から楽しみにしていて、公開初日に見てきました。
漫画実写化は叩かれる事が大半で、大コケした作品は数知れずですが、あの原作をどうやって映像化したのかがとても気になっていました。
見た感想としては最悪です。原作の世界観が全く伝わってこず、元々話を知っていない人には何が何だか分からない内容でした。
登場するキャラクターを実写化できなかったんだね、というくらい登場する人物が少ない。虚は全部全部CGにするとしても、護廷十三番隊の隊長格だけでも全員実写化してほしかったし、現世とソウルソサエティどっちの世界も見て見たかった。
ストーリーにも問題があると思います。原作とは違う結末にするのに無理矢理帳尻合わせをしました感が満載で、ここは時間稼ぎでは?というシーンがいくつかみられました。
虚と闘うシーン、死神同士で闘うシーンにも臨場感が全くなく「あぁCGすごい使ってるなぁ」「あぁここはワイヤーでこうやってやってんのね」と映画を見ている最中に思ってしまいました。低予算なのかCGに予算をつぎ込んだのかなんともチープな映画でした。
同じ時期に公開された同じジャンプ実写化の「銀魂」に勝つ気が無いというか、ついでに作りました感というか…。原作が好きなだけにがっかりしました。映画の途中でトイレに行った映画は久々でした。

BLEACH / ブリーチ
10

ハイセンスでテンポのいい展開

おしゃれ漫画として名高いBLEACH。圧倒的画力とスピーディーな話の展開、またたくさんの個性の強くて魅力的なキャラクターがとても評価の高い点だと思います。
最終巻まで読んだ中で私が一番面白かった部分は、やはり破面(アランカル)編です。
物語のクライマックスでもあったため戦闘シーンがほとんどを占め、とても見ごたえがありました。敵も味方もほぼ同じペースで倒されていき、読者でありながらも、自分がまるでそこにいるかのようにハラハラと戦いを見守っていました。
破面編の「破面」ですが、彼らは主人公の一護が属する死神の陣営と敵対する陣営にあたります。しかし敵である彼らにも、彼らなりの正義や戦う理由があり、戦場に立つに至るまでのバックグラウンドがかなりしっかりとしているので、破面のキャラクターが死んでしまった時もかなり切ない気持ちにななりました。
最終的に一護の最後の一撃により死神側が勝利を収めるのですが、非常に強烈な最後の一撃の代償で一護は死神の力を失ってしまいます。死神の力を失うということは、一護が普通の人間に戻ってしまうということであり、同じく死神でヒロインのルキアの姿も見えなくなってしまうということを意味します。
一護とルキアは物語の中で助け合い、長い時間を過ごしてきたわけですが、そんな二人の別れのシーンがとても切なくてすごく感動します。続編で二人は再会を果たすのですが、それでも私は一護とルキアの別れのシーンがすごく印象的でした。他にもたくさん見所があるので、BLEACHはぜひおすすめしたいです。

BLEACH / ブリーチ
10

劇場版BLEACH 一護、ルキアが動いてる感動

原作の大ファンです。映画について賛否両論あるようですが私は大満足です。
ストーリー構成は原作の1巻から7巻にかけての「死神代行編」です。このストーリを映画の尺の中にうまく納めていました。

100数分という時間の都合上、原作にあった話の多くは省かれています。流れを言いますと、一護がルキアに力を渡され死神化します。その後、原作では「死神代行編」らしく、井上織姫や茶渡泰虎などに絡んだエピソードをもってホロウと闘っていきますが、この辺りは全てカットしています。
映画で焦点が置かれるのは、一護の母親・真咲を殺したホロウである「グランドフィッシャー」です。元々、ルキアはグランドフィッシャーを追って現世に来たという設定です。そして、並行するのが死神の力の譲渡という罪を犯したルキアに対する処罰です。
ソウルソサエティから阿散井恋次と朽木白哉が再三、現世にやって来てルキアに警告をします。そこで、ルキアを救うために一護はグランドフィッシャーを倒すことが出来ればルキアを解放するという約束を彼らに突きつけます。話はそこで終わらず、滅却師の生き残りである石田雨竜もストーリーに入ってきます。そして、母親の墓参りの日、ついに一護とグランドフィッシャーが相対します。そして最後は雨竜とのコンビで撃退に成功します。しかしながら、恋次と白哉はルキアを解放する約束を守らず一護を殺しにかかります。力の差は歴然。このままでは一護が殺される、と思ったルキアは白夜にしがみつく一護の手をほどき、一護の刀から霊力を回収して死神に戻ります。その時に短い間だったがありがとう、と感謝の気持ちを吐露します。
その後、一護やクラスメイトの記憶からルキアに関わる全ての記憶が消えてしまいます。しかしながら、一護は教科書に残されたルキアの落書きを見て、微笑みます。これでエンドロールです。最後には『BLEACH 死神代行編』、とタイトルが流れ、続編があるのでは?と感じさせる終わり方でした。

個人的な感想としては、石田雨竜にもう少し焦点を当てて欲しかったな、と思います。映画ではメノスグランデとの闘いがなく、一護とも何となく和解した形だったので少し消化不良だったと思います。
もう一点は、「死神代行編」と銘打ったものの、一護が倒したホロウは実質最初とグランドフィッシャーの二体のみです。もう少し、死神代行としてホロウを倒しまくってますよ、みたいなシーンをダイジェストで流せば、と思いましたがCGなど予算の都合上難しかったのでしょう。この2点を除けば上手くまとまっていたのでは、と感じました。

キャストについては文句なしです。ビジュアルや動き、話し方など概ね原作を踏襲していました。中でも私が賞賛したいのは朽木ルキアを演じた杉咲花さんです。
映画公開前は恋次や白哉は髪型をきちんと作ってるのに、どうしてルキアは原作と違うんだ、と批判が殺到していました。正直、私も髪型くらい似せてくれないか、と思っていました。しかし、映画を振り返ると最も存在感を発揮したのは間違いなく杉咲花さんです。
死神の掟に忠実で、人間と馴れ合えない、でも心の中では友情や信頼を欲している。そんなルキアの心中が見事に演技に現れていました。これを見て、杉咲花さんを批判する人は絶対にいません。また、登場シーンは少ないものの茶渡泰虎の役者さんもイメージにぴったり、と言った感じでした。

最後に私が最も感動した場面を一つ。それは一護が死神化するシーンです。長年、原作を愛してきた私ですのでスクリーンに一護が映り、躍動感あふれる殺陣をこなしているところを見ると、涙が出そうになりました。続編もぜひともやってもらいたいです。

BLEACH / ブリーチ
9

BLEACH

ジャンプ作品で10年以上続いた人気作品。
主人公は幽霊の見える高校生。
ある日、幽霊に世話を焼くのが日常になってしまっている主人公の部屋に、女の子が飛び込んでくる。黒装束の女の子は死神で人間界に仕事に来ていた。主人公と死神のはじめての出会いであった。
その後、敵に襲われる主人公を女の子が助けに入る。しかし、動けない状態になる女の子を助けるのが主人公である。敵に歯が立たない主人公に女の子は死神の力を授ける。主人公が死神になったのはこの時。しかし、死神の力を主人公に渡してしまうのは死神の世界ではご法度。罪に問われる女の子は囚われ死神界に強制送還されてしまう。自分を助けてくれた女の子を主人公は見過ごせず、死神の世界に乗り込んでいく。

やはりこの作品の見所はバトルですね。
主人公以外のキャラクターもそれぞれ特殊な能力を持ち個性を活かしてバトルしている。
無数の刃を出現させる死神や、刃を蛇のように扱う死神もいます。
逆転に逆転を重ねるバトルは熱くなります。
幾多もの出会いとバトルを乗り越えて、はじめは敵だった死神たちが主人公に惹かれ変わりやがて味方になっていく。
周りの助けもあり、いよいよ女の子の前に現れる主人公。
『助けに来た』と処刑台の前で女の子を抱える主人公はあまりにもかっこよかったです。