NARUTO / ナルト

NARUTO / ナルトのレビュー・評価・感想

レビューを書く
NARUTO / ナルト
10

大人になってから見ても面白い

ナルトといえば、幼少期や小学生時代に見たという方が多いアニメではないでしょうか。私はその頃、全くナルトに興味がありませんでした。ところが、大学生になり中国へ留学に行った際、周囲の中国人がナルトに熱狂していたことから興味を持ち、ナルトを一気に全話見ました!
なにがおもしろいって、弱くていじめられっこだったナルトが負けず嫌いとその根性で、周りを巻き込んで強くなっていくところです。最初はナルトを毛嫌いしていた仲間たちも、だんだんとナルトに一目置くようになります。ナルトの周りを取り囲む木の葉の仲間たち、ナルトの敵さえ、魅力的なキャラクターで溢れているところもまたこの作品の良いところです。特に悪役に関しては、彼らがなぜ悪いことをするようになってしまったのか、その背景までしっかりと描かれているので、全てのキャラクターに感情移入していってしまいます。
裏切られて、憎しみからまた憎しみが生まれる。それは現代社会でもよくあることです。その連鎖をどう断ち切れば良いのか、その問題にどう立ち向かっていくべきなのか、考えさせられる作品です。周りの人々を巻き込みながら世界をよくするために一人でも何回でも立ち上がるヒーローナルト。そんなヒーローが現代社会にもいれば良いのになあ。

NARUTO / ナルト
10

最後には熱い友情が待ってる!!

アニメのタイトルがNARUTOで主人公はナルトって落ちこぼれと呼ばれた少年。
ナルトの世界は忍界と呼ばれ忍者が沢山おり、忍術を使い、生活の糧にするものもいれば、忍術を争いの道具に使うものもいる。そんな忍界においてナルトは父親も母親も幼少期に亡くしている。ナルトの中には化け狐が封印されいる。ナルトの住む木の葉隠れの里を窮地に陥れた狐であるため、そんなものを体に宿すナルトは世間から遠ざけられていた。ナルトは里のみんなに認められてもらうために人一倍努力した。
そんな中、忍者として認められるための登竜門としてアカデミーと呼ばれる忍者養成学校に入る。ナルトはそこでイルカ先生と出会う。イルカ先生の親は昔化け狐に殺されており、ナルトは憎いはずだがナルトをちゃんと一人の忍者として認めてあげ、ナルトには大切な存在となった❗ナルトが下忍として認められ、アカデミー卒業し、新たにカカシ先生と出会いエリートであるうちはサスケ、春野サクラのスリーマンセルができたナルトはサスケを目標にし差は浮き彫りだったが、ナルトの中に眠る狐の妖狐の力を自分に還元することができ、サスケを助けるまでに成長した。
自分より弱かったはずのナルトが自分より強くなっていくたびに二人の間には見えない亀裂が生まれた❗
サスケもアカデミー入学前にうちは家を全員実兄に殺されており、兄を殺すために強くならなければならなかった。
そんな二人はついに殺し合いまで始めることとなり、サスケは力を求め里を出てしまった。サスケに負け、サスケを里にとどめれなかったナルトはあきらめないど根性で強くなってサスケを連れ戻すのが目標に、サスケは兄を殺すために強さを求め里をでた❗
サスケはついに兄を殺したが、うちは家のみんなが殺された真実を知り木の葉の里を潰そうと考える。
ナルトはサスケの兄が所属していた暁のメンバーのリーダーを倒すまでに成長していた。
ふたりの道はすれ違ったままだったが、
全里が協力し、暁と立ち向かう忍び連合軍ができ、ナルトはそこの修行中に出生の事実をしることになる。ナルトの父親も母親もナルトを守るために死に、ナルトの助けになることを願い妖狐を封印した事実を知った。
ナルトは妖狐のコントロールがさらに上手くなり、認界対戦が始まる!
ナルトとサスケ、が沢山の真実を知り
二人は協力し忍界対戦で戦うこととなった。
二人は大戦後に戦いあい傷つき、そしてナルトを認めてサスケは改心し、久しぶりにナルト、サスケ、サスケが集まることとなった!
憎しみと愛情は裏返しという言葉がふさわしいふたりの友情が見逃せないアニメとなっています。

NARUTO / ナルト
9

長いが全部読める

ナルトは全72巻なのでとても長いストーリーです。途中で中だるみする漫画が多い中、ナルトは飽きることなく楽しめました。意外と面白かったのが、カカシが主役の外伝です。
ストーリーの途中で別のキャラが主役になるサブストーリーのようなものが入る漫画は多いですが、そこがあまり面白くないと漫画全体の面白さに関係します。このカカシ外伝については、本編よりも好きという声がインターネット上であります。カカシというキャラが人気があるということもあるのでしょう。サスケとの戦いで敗北したナルト、そこから3年後へととぶ間にうまくこの外伝をはさめたと思います。しかも、驚いたことに外伝に登場したキャラが最後のほうで登場します。ラスボスだったら熱かったのですが、ラスボスの2歩手前といった感じでした。
ラスボスがぽっと出のキャラというのは少し残念でしたね。ゲームでも突然でてきたよくわからないモンスターがラスボスになっていることがありますが、そんな残念さがありました。サスケがラスボスという意見もありますが、最後のサスケ戦はイベントのようなものと考えています。とにかく全体を通して面白かったので、人生でベスト5に入れてもいい漫画です。

NARUTO / ナルト
9

木ノ葉の里の少年忍者の成長物語

木ノ葉の里・木ノ葉隠れのナンバーワン=火影を目指すうずまきナルトは、忍術がからっきしダメの落ちこぼれ忍者。体内に禍々しき力を持つ尾獣・妖狐九尾を封印されているため、周りから疎んじられている。里の皆に認めてもらうため、また最大のライバルうちはサスケに認めてもらうため、任務を通して成長しゆく。
ナルトはアカデミー第七班のカカシ先生のもとで春野さくら、うちはサスケと共に修行を積んでいく。うちは一族のサスケは下忍の中でもセンスがあり実力をどんどん伸ばして行く。波の国編の護衛でも少しずつその才能が発揮されていったのであった。護衛が終わりしばらくしてアカデミーの中で三人一組でチームを組み中忍試験が始まっていく。カカシ班の三人も初めての中忍試験に挑んで行く。一次試験のテストが終わり二次試験では他の国の忍の下忍達と合格目指して天の書、地の書を集めてのサバイバルバトルが始まっていく。
巻物を巡っての戦いの中で大蛇丸に出会いナルトのライバルうちはサスケに大蛇丸に呪印に付けられてしまう。
体の中に力が溢れる変わりに邪の力に蝕まれてくのをなんとか押さえつつなんとか天の書、地の書を集めたのであった。
サバイバルバトルが終わり少しして次は勝ち残った者達での対人バトルが始まっていく。またこれから先に待ち構えてる運命とはいかに…。

NARUTO / ナルト
10

1人の人生の物語

主人公はうずまきナルトといい、木の葉隠れの里に住んでる少年である。ナルトはその里のトップである火影を目指して忍として任務と修行を繰り返している。ある日同じ班で任務をしていたうちはサスケが里を抜け大蛇丸のところへ行ってしまう。結局助けられず三年が経ち、ナルトは自分の中にいる九尾という妖狐を暁という組織に狙われることになった。ナルトは対抗すべく修行をし、見事打ち倒すことができた。しかしまた脅威が迫っていた。暁の一員であったうちはマダラが十尾復活を企んでいた。各里はマダラに対抗すべく同盟を組んだ。
それが第四次忍界大戦に発達した。ナルトはさらに修行をし強くなったが、マダラはそれを上回っていた。しかし、マダラはすでに死んでおりうちはオビトという忍がなりすましていた。エドテンセイという術で生き返ったマダラにサスケとナルトはやられてしまう。その生死の狭間で六道仙人という大昔の仙人に力を与えられ復活した。しかし、マダラは大筒木カグヤという大昔の忍の祖を復活させてしまい、ナルト達は窮地に追いやられてしまう。たが間一髪のとこで敵であったうちはオビトがナルト達を身を呈して救った。そうしてナルト達は大筒木カグヤを倒し、忍の世に平和をもたらした。その8年後ナルトは夢であった火影になることができた。

NARUTO / ナルト
10

芯の強さ、諦めない気持ち、仲間を想う気持ち、愛情を教えてくれたアニメNARUTO!

ナルトは、九尾の狐を封印されて里から煙たがられていました。ナルトは、里のみんなに認められて火影になる、と幼少期のころから決めていました。ナルトは成績も最下位だったけど、最終的に火影になっています。里のみんなの人気者です!
それまでに描かれているのはナルトが強くなる姿、ナルトが仲間を大事にする姿、夢を叶えるため諦めない姿が描かれています。ライバルであり友でもあるサスケとの最後の戦いで、ナルトはサスケに勝ち、和解をしています。私
は、人は何かに向かって努力をしても、やはり弱くなって諦めそうになることがあると思います。だけど、ナルトを見ていると勇気が出ます。諦めず努力すれば、夢は叶う、自分は変えられると思いました。

そしてこの作品にはもう1人のヒロインがいます。ヒナタは幼少期からナルトが好きで、片想いをしていました。ナルトのピンチでは命を捨てる覚悟で助けに向かい、重傷をおいます。ナルトは別の人が好きだったんですが、この2人、最終回で結婚しています。ヒナタの想いはナルトに届いて本当良かったです。ヒナタの一途に人を想う芯の強さに感動しました。夢を諦めず強くなる姿を見ていると自分も強くなりたいと思わせてくれる作品です。本当に感動が詰まった作品です。

NARUTO / ナルト
10

ぜひ見てほしいアニメ

今までアニメに全くと言っていいほど興味がありませんでした。しかし知人に勧められて見始めたのがNARUTOです。
落ちこぼれ忍者だった主人公がたくさんの人と関わっていく中で、どんどん強くなり、火影になるという話です。
九尾の妖狐を封印された主人公ナルトは小さいときから両親がおらず、みなから嫌われていました。忍びとしての才能はまったくなく、忍者アカデミーではいつもドベ、悪さをして人の気を引くことで自分の存在を周囲にわからせるといった幼少期でした。そんなナルトを一番始めに理解し、認めてくれた1人の先生との出会いで、ナルトはどんどん変わっていきます。
たくさんの人と関わり、人の優しさに触れていくことで、ナルト自身まっすぐで心の優しい男の子になり、逆にナルトと接した人たちもまた、徐々に変わっていく。ナルトは人の心を変える力があるのだと思いました。
初めはアニメなんて面白くないと思って見始めたものが、今となってはアニメでこんなに感動するのかと思わされた作品です。2回以上繰り返し一から見ていますが、本当に何度でも見れるアニメです。ただ戦うだけじゃない、苦悩や人の死もあり、何度見ても何度も泣いてしまいます。まだナルトを見たことがない人はぜひ見てください。絶対に絶対に損はしません。すごく心動かされる作品です。岸本先生は素晴らしいです。素晴らしい作品をありがとうございます。

NARUTO / ナルト
10

もう最高!!

このアニメのお話は落ちこぼれ忍者「うずまきナルト」が里の長・「火影」を目指すまでを描いたストーリー漫画・アニメです。子どもがいる家庭はもちろん、大人も楽しめる作品となっています。
ストーリーが進むにつれ、それぞれのキャラクターの成長がしっかりと現れ、まるで一緒に自分も成長しているかのような感覚を味わうことができます。ストーリー中盤になってくると段々と話も難しくなってくるので大人のみなさんは、最初のストーリーを早めにみて中盤(NARUTO 疾風伝)からゆっくり見ると良いかもしれません。
『NARUTO 疾風伝』は比較的中高生から大人を対象としたアニメへと変わって行きます。『NARUTO』を見ていた小学生は『NARUTO 疾風伝』が始まるころには中学生くらい。つまり子供の成長に合わせて話の難しさを調整し、ストーリー展開を進めて行ってると考えられます。そう考えるとナルトと一緒に成長している気がして、なんだか嬉しい気持ちになったのを良く覚えています。

みなさんも一度「NARUTO」を見て頂きたいです。マンガとアニメどっちがオススメという質問があるなら、私は迷わずに、同時進行で楽しむのが一番良いかと思いますよ!
ぜひ一度ご覧になって見てください。