日常 / Nichijou

日常 / Nichijouのレビュー・評価・感想

レビューを書く
日常 / Nichijou
10

こんな非日常な日常があったのか!

アニメ「日常」は、あらゐけいいちさんによる漫画をアニメ化した作品です。
私はこの作品はアニメから入ったのですが、もともとは月間少年エースという月刊誌で連載されていたギャグマンガです。
ある日の夕方、NHKをみていてたまたま始まったのがきっかけで、あまりの面白さにあっという間にはまってしまい、漫画も全巻買い揃えました。
アニメ「日常」の魅力はたくさんありますが、まずはやっぱりキャラクターです。
みおちゃん、ゆっこ、まいちゃん、なのちゃんという一見平凡な女子高生ですが、それぞれにとても魅力的なんです。
みおちゃんは青い髪の女の子で、漫画家を目指しています。主にゆっこに突っ込む役ですが、その突っ込みが毎回素晴らしい!また、アニメならではですが、みおちゃん役の声優さんがとても良い声です。みおちゃんのイメージにぴったりで、その可愛らしい声で豪快に突っ込みまくってくれます。
賢くて冷静なみおちゃんですが、時には暴走することもあり(文字どおりの意味で暴走する回もあります)、ゆっこに対して勘違いで延々とぶちぎれ続ける回なんかもあります。
ゆっこは茶色い髪の女の子で、馬鹿です。馬鹿ですが憎めないやつです。焼きそばを買ってきてと頼まれて、焼きサバを買ってくるような子です。
まいちゃんは仏像が趣味です。
なのちゃんは背中にネジが付いています。ロボットだからです。腕は外れて、なかにはカステラが入っています。
ね、わけが分からないでしょう?
これがだんだん癖になってくるんです。

日常 / Nichijou
8

京アニでは珍しいギャグアニメ。

まず、キャラクターはたくさん出て来るのですが、それぞれが個性的で可愛く、覚えやすいのが良いと思います。そして、何よりギャグが笑える(笑)
全体的に、学校でのお話が多い様に思います。僕個人の感想としては、特にゆっこ、はかせの周辺の話が特に笑えます。ストーリー性はなく、全ての話が短編なのですが、だからこそ、その場限りの馬鹿なギャグができるのだと思います。また、ギャグの中には、実際体験したことある人もいるような場面もありますが、でも、客観的に見るからこそ笑える。
このアニメが放送されたのは、2011年とやや昔の作品ですが、あの京アニが作っているという事もあり、今見てもそんな絵が古いとは思わないと思います。後半のお話になってくると、ギャグアニメながらも、ゆっこなど3人グループの友情を垣間見るシーンもあり、色んな方面で楽しめます。このアニメの制作会社は上にも書いているのですが、京都アニメーションという会社で、僕の記憶では、ギャグアニメはほとんど作ってなかったと思います。だからこそ、珍しいのですが.......。昔のアニメですが、個人的にはお勧めできる作品だと思っているので、レビューを書かせてもらいます。