スワロウテイル

スワロウテイルのレビュー・評価・感想

レビューを書く
スワロウテイル
10

何度見ても、時代が変わっても、何度も見たくなる作品。

舞台は日本の片隅で移民たちが様々な事情を持って暮らしている、無国籍で無法地帯な都市、yentown。
この街で暮らす人々は、日々消費されていく生活の中で、一攫千金、ジャパニーズマネーを稼ぐことに夢を馳せていた。
その街で生活していたが、母を亡くしてから身寄りがなく、名前もない少女(後にアゲハという名前をもらう)。ふとしたことから、そのアゲハを引き取ることになってしまった歌手を夢見ていた娼婦のグリコ。
二人が出会い心を許していく中、ある日、彼女たちの日常が一変するような殺人事件が起こってしまう。
その事件をきっかけに、一攫千金をつかめるかもしれないチャンスとその事件によりマフィアに追われる身となってしまうグリコ達。彼女たちの周りの人々も巻き込みながら、思いもよらないストーリー展開に飲み込まれていく。

本作は1996年に公開された、岩井俊二監督の映画。現金偽造、殺人、ドラッグ、セックスなどの問題描写が強く当時R指定だった作品。
戦後の日本の街のようでもあり、香港や東南アジアの片隅の街のようでもあり、気鋭の映画監督が描くyentownは、強い描写とともに当時、話題になった作品。
犯罪、貧困、社会問題、と並行して、夢、一筋の希望、愛すること、現実、そして失望。
何度見ても、時代が変わっても、何度も見たくなる作品。