Salyu / サリュ

Salyu / サリュのレビュー・評価・感想

レビューを書く
Salyu / サリュ
8

Salyuという楽器について。

岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』の中で架空の歌姫リリイ・シュシュを演じて歌っているのがSalyuでした。映画が公開されたのが2001年なので、彼女ももうすぐデビュー20周年も迎えます。
ライブにも何度か行きましたが、あの透明感のある歌声は凄いと思いましたね。リリイ・シュシュの曲のように陰のある楽曲もありますが、彼女の本質はおそらくは『希望』をテーマにした曲の方が良いとプロデューサーの小林武史も早くから気付いていたのだと思います。リリイ・シュシュ時代の映画の影響を強く受けた者は何処かにいつも違和感を持ってしまったりしましたが、今となってはこれでよかったのではないかと。
Salyu×Salyuなどの試みはとても新鮮だったし、彼女の声を聴いていると、もうすでに一つの楽器なんだなという思いを強くしました。だから、弾き手によって音色はいくらでも変わるし、素晴らしい音楽を創り出すことだってできるっていう。一つだけ気になっていたのはより高音を重視する歌い方は違うんじゃないかなと思います。音域の幅という点においては国内アーティストにおいても屈指の存在であるのは間違いないでしょうから。僕はより低音に魅力を感じています。それはミスチルの桜井和寿さんにも同じことが言えます。