アリータ: バトル・エンジェル

アリータ: バトル・エンジェルのレビュー・評価・感想

レビューを書く
アリータ: バトル・エンジェル
10

アリータの自分を取り戻し強く生きる姿に感動しました。

主人公であるアリータが頭部だけが生きた状態で見つかり、他の部分をイドによって作られた体によって生きていくという物語です。
この映画では体を機械にして生きるということが多々あるようで、そんなSFチックなところがとても面白かったです。アリータの性格がとても真っ直ぐなところにいろいろな人が惹かれていくのだと感じました。
一番良かったのは、アリータがモーターボールという競技に出場した場面です。アリータは結局代替えの体から自分の本来の体であるバーサーカボディを入手し、その競技に出るのですが、他の競技者がアリータを殺すためだけに雇われた人だったので競技が殺し合いに変わってしまいます。歴戦の戦士なだけあり、それに軽々と応戦していく様子は一瞬でも目が離せませんでした。彼女の俊敏な動きやそのスピーディーな演出が本当にカッコよかったです。
また、この映画は3Dで視聴しました。私は初めて3Dで映画を見ることになって最初は大して変わらないと思っていたのですが、最初からその1つ1つの場面でその場にいるような臨場感を味わえたのには本当に驚きました。敵の攻撃を避けて目をつぶってしまうほどリアルでした。このように出会いや感動がありSFの最高潮が味わえるアリータは本当におすすめです。