コララインとボタンの魔女 / Coraline

ktorpedo11さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
コララインとボタンの魔女 / Coraline
8

最後まで気が抜けないドキドキ感。

冒頭シーンのリアルな映像に目を奪われます。3Dなのですが、人形の縫い目を解いてなか綿を抜き、服も顔も違うデザインに繕い直す様が、実写かと見まごうほどに質感がリアルです。この映像がまた不気味で、ホラー映画かと思ってしまいました。実際は家族向けのファンタジー映画で、原作はなく児童書のような世界観が素敵です。
パパやママが魔女にさらわれてしまい、近所の男の子には信じてもらえないため、主人公が孤立した状態で一人で事件に立ち向かっていくので終始ドキドキしながら観ていました。
登場するボタンの魔女は容姿も言動もこれが結構本格的に恐ろしいので、小さい子はトラウマになってしまうかも知れません。
舞台は基本的に自宅周辺なのですが、全然その狭さを感じさせないくらいくるくると場面が展開していくのでとても見ごたえがあります。現実世界から魔女の世界へ、魔女を倒してからがら戻ったと思ったらまた危機が…と最後まで目がはなせません。
最後はハッピーエンドなのですが、続編があるならあっさり復活しそうな魔女さんがまた怖い。
個性的な隣人達の存在感がまた強烈です。特に魔女の世界で出会う占い師コンビのミュージカルといったら、みたらしばらく頭から離れませんでした。