メイドインアビス / Made in Abyss

silverlining0719さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
メイドインアビス / Made in Abyss
10

全ての始まりの総集編

人気アニメーション、『メイドインアビス』の総集編の『前編』であり、第1話から第7話Aパートを再編集し新規シーンを追加した作品が『旅立ちの夜明け』だ。ある孤島である巨大な縦穴が発見された。縦穴には『魔力』があり、未知の原生生物や遺物と呼ばれる宝が存在し、様々な『探窟家』と呼ばれる冒険家を呼び寄せた。人々は縦穴の周りに『オース』という町を築き、縦穴と共存する事を望んだ。巨大な縦穴の名は『アビス』という。アビスには『呪い』も存在し、それは、アビスを降りる分には問題は無いが、帰路、つまり『上昇する時』に様々な負荷を身体に受ける。軽い負荷は、『目眩』や『吐き気』、『頭痛』から、重い物ともなると『全身の激痛』や『出血』、『幻覚』、果ては『人間性の消失』等がある。この危険かつ魅惑的なアビスに『探窟家』と呼ばれる者達が挑む物語だ。
主人公の幼い少女、『リコ』もその内の一人だ。孤児院で暮らし、アビスの浅い箇所で採掘作業をしていたリコは、巨大な原生生物に襲われそうになった所を何者かに助けられた。リコを助けたと思われる者は、リコと歳の変わらない褐色の肌の少年だった。彼は人間ではなく、強靭な身体を持つロボットであり、自身の事はおろか、ロボットである事さえ記憶を喪失していた。リコは恩人であるロボットを孤児院に連れ帰り、『レグ』という名を与え、友人達の提案で身の上話を偽り、孤児院で暮らすよう手はずを整えた。そんな時、リコの母親の、達人の探窟家が持つ事を許される『白笛』 と、封書がアビスから上がって来た。封書には、幾つかの記録と、『奈落の底で待つ』という短い手紙が入っていた。リコは、『奈落の底で待つ』という母からの手紙を頼りに母に会う為に、レグは、リコを守り、自身の出自を知る為にアビスへと旅立つ。彼女等の旅は過酷なものだった。
二層目からは、恐ろしい原生生物に襲われ、最初の目的地である監視基地(シーカーキャンプ)では、リコの母親を知り、リコの母親と同様に『白笛』を持つ、『不動卿、動かざるオーゼン』という女性から手痛い歓迎と、これから先、アビスで生き残る為の厳しく辛い『生存訓練』を受け、一回り成長を遂げる。リコとレグは、オーゼンと友人になったオーゼンの弟子マルルクに別れを告げ、更に下の階層へと向かう。物語はここで、彼女らの旅路の無事を祈りつつ、【後編】へと続く事となる。