メイドインアビス 深き魂の黎明

ry-blowさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
メイドインアビス 深き魂の黎明
10

人気アニメの正当続編映画

大人気コミックが2017年にアニメ化、2019年にアニメ総集編としての映画化を経て、2020年にこれまでのストーリーの続編が劇場版となって上映された。アニメのラスト直後、コミックでは4巻と5巻がメインのストーリーとなる。巨大な縦穴、『アビス』へと挑む、探窟の知識が豊富なリコと、ロボットの少年レグは、後にウサギのような耳を持つ姿のナナチと出会う。ナナチはアビスの知識と医療の知識を持つ。リコとレグとナナチはアビスの深界5層へと歩みを進める。そこで、三人はプルシュカという天真爛漫な少女と、その少女の父親であり、かつ、ナナチとナナチの親友の宿敵でもある仮面の紳士ボンドルドと出会う。ボンドルドは、優しく丁寧な物腰でありながら、非人道的な人物で狂気に満ちている男。ボンドルドは『調査』と称し、レグを連れ去り拘束した上で、様々なおぞましい調査を行い、右腕を切断。そんなボンドルドを「パパ」と慕うプルシュカ。彼女の願いは「リコ達と一緒に冒険に行きたい」、「パパがリコ達と仲直りして欲しい」というもの。果たしてプルシュカの願いは叶うのか。そして、宿敵ボンドルドとの決着はどうなるのか。最後まで目を離す事が出来ない作品ある。