十三機兵防衛圏 / 13 Sentinels: Aegis Rim

manayume12さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
十三機兵防衛圏 / 13 Sentinels: Aegis Rim
10

十三機兵防衛圏はあなたに満足感、そして喪失感を与えることだろう(ネタバレあり)

世界はすでに崩壊し、人類は滅亡していた。

当時の科学者たちは、人類という種を残すため、種を複数の宇宙船に載せ、どれかが安住の地につくことを願い、打ち上げた。
どれかひとつでも、人類にとって安住の地にたどり着けることを願って。

朧村正、ドラゴンズクラウンなどで知られるヴァニラウェアが開発を担当し、2019年にアトラスからPS4用ソフトとして発売されたタイトルが、この十三機兵防衛圏だ。

本タイトルは、13人の少年少女が巨大ロボットに乗って、怪獣たちと戦っていく作品となっている。
この作品のストーリーはあまりに膨大で濃密だ。
13人もの登場人物が、1945年、1985年、2025年、2065年、2105年の5つの時代を背景に、各々の思いを抱えたまま、ドラマを繰り広げていく。

この5つの時代に分かれてゲームが進んでいくが、実は全て作られたもの。
各時代と思われていたのは、実は各コロニーで、そこに住んでいる住人たちもすべてAIが作り出した虚像だった。

主人公と呼べる人物はおらず、13人のプレイアブルキャラクターが、各時代で繰り広げるドラマで、このゲームのアドベンチャーパートは成り立っている。

プレイヤーは、この13人のキャラクターになって、各ステージで選択肢を選びながらゲームを進めていく。

各キャラクターそれぞれの行動が複雑に絡み合い、ストーリーは進んでいく。
けしてハッピーエンドとは言えないストーリーだが、プレイヤーは新鮮な驚きと、途方もない満足感、そしてゲームをクリアした後に膨大な喪失感を得るだろう。

近未来SFモノの傑作といえば昨今ではデトロイトを思い浮かべるが、それに匹敵するレベルが国内のゲーム会社から発売されて新作ゲームとしてプレイできるということに、幸せを噛みしめるべきだろう。
この十三機兵防衛圏というゲーム、少しでも気になっているのであれば今すぐ体験版をやってみるべきだ。
そして、自分に合いそうだと思うのなら是非このゲームを購入してみよう。
この歴史に残る傑作ゲームは、必ずあなたを満足させてくれるだろう。