課長バカ一代

tetsusora1216さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
課長バカ一代
8

野中英次の作品の草分け

この作品はおバカ系ギャグマンガを得意とする野中英次の作品の草分けであり、後にヒットする『魁!!クロマティ高校』の基礎となっています。主人公の八神和彦が仲間達とくだらない話をするという内容であり、サラリーマンになったことのない人がサラリーマンの世界を描いたような、いわゆる「ステレオタイプ」「ファンタジー」と揶揄される世界観です。
個人的に主人公の八神が社長の松平芝之助をからかっている、というより松平がからかわれるようなゴキゲンなオッサンであるというのが笑いどころです。あれほど会社で暇そうにしている社長というのはやはり漫画の世界だからこそといったところです。
八神の部下である林田一郎はおバカさで言えば八神を上回っていると言えます。余談ですが、小説版での林田は余りに意味不明な歌をトイレで歌うので、トイレで立ち聞きしていた松平を怒らせてしまったというエピソードを披露しています。
一番面白かったのは八神の自宅に天使が現れたシーンです。その天使の願い事をかなえる能力が「7万円ならギリギリどこかから誤魔化して用意できる」「八神さんが正式な課長になったら会社にリストラや倒産のリスクが降りかかる」というレベルの貧弱なもので、これで爆笑しました。