ドラッグ オン ドラグーン / DRAG-ON DRAGOON / DOD1 / Drakengard

589_____さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ドラッグ オン ドラグーン / DRAG-ON DRAGOON / DOD1 / Drakengard
8

最も大切なものと引き換えに、強力な存在と命を共有する契約者

時には1,000を超える敵を斬り伏せるダークファンタジーアクションです。

主人公カイムと、主人公と契約するレッドドラゴンアンヘルはどちらもピーター/池畑 慎之介さんが担当。
カイムはアンヘルとの契約で声を失うために二役は序盤しか聞けませんが、アンヘルのドラゴンらしい迫力ある声とそれに見合う演技力は圧巻の一言。

カイムの妹で、世界のために犠牲となる運命であるフリアエ。
二人の幼なじみであり美しい歌声を持つイウヴァルトは、フリアエに好意を寄せているも、フリアエはカイムへ兄妹としてのものを超えた好意を抱いていることに気がついています。
カイムのように戦闘能力が高いわけでもないイウヴァルトは、フリアエを手に入れるためにダークドラゴンと契約し、歌声を失います。

フリアエはイウヴァルトの歌声が好きで、自分が犠牲にならなければならないこと、そして想い人が兄であるという辛さを癒されていました。
フリアエに自分を見て欲しいがために彼女に好まれていた歌声を失うこと、そして契約したダークドラゴンがカイムとフリアエの両親を殺し、国を滅ぼした二人の仇であるという皮肉すぎる設定は、この世界のダークな雰囲気をよく表しています。

マルチエンディングの大半は悲惨なもので、次作へと繋がるエンディングは希望を残すものですが、2のストーリーではカイムが敵になっているなど救われないものです。

しかし、そんなダークさがこのゲームの最大の魅力だと感じます。