薬屋のひとりごと

jasmine10さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
薬屋のひとりごと
8

宮中で働く変わった少女の物語

ネットで話題になったことがある「薬屋のひとりのごと」。
宮中でとあるお姫様の侍女となった薬屋の少女のお話です。
ある日外で用事を済ませていた時、運悪く人攫いに逢い、宮中で働かされることとなった猫猫(マオマオ)。
宮中で起きた姫の子供が亡くなってしまう事件が起きます。その原因に気づいた猫猫は、こっそり姫にそれを伝えます。その一件をキッカケに、猫猫の運命が変わります。
猫猫はもともと薬屋として働いていましたが、宮中での事件の原因を判明させたことにより姫に気に入られ、その姫の侍女として毒味役の仕事を与えられます。
いままで目立たずに任期を終えようとひっそり仕事をしていましたが、事件を機に隠していた好奇心、毒に対する興味が露わとなります。そして姫から与えられた毒味役、そして薬の調合をやるようになります。

私は二巻まで読んでの内容ですが、個人的に物語は大好きです。
中世の宮中が舞台となり、その時代が好きな方はもちろん、詳しくない方でも読みやすいと思います。
原作は小説で、コミカライズ版が2人の漫画家さんによって出ています。
私は「ねこくらげ」さんという方の漫画を読みました。
漫画は正直、絵柄の好みによるかもしれません。
ねこくらげさんのほうを先に読みましたが、もう1人の「倉田三ノ路」さんのほうも次回読んでみようと思っています。
猫猫、可愛いです。
薬の調合している時の楽しそうな様子、料理に毒が入っていた時の嬉しそうな顔、心から楽しんでいる姿は、怖いと思いつつ引き込まれるものがあります。
そのあたりの表情は、とても綺麗に描かれているので惹きこまれます。
漫画全体もとても綺麗に描かれているので絵が好き、という方にもおすすめです。